So-net無料ブログ作成
検索選択

硫黄島からの手紙(LETTERS FROM IWO JIMA)2006 [あ行の映画]

 いよいよか・・・と思い、ともかく勇気を奮い起こして観て参りました。大げさ!?


クリント・イーストウッド監督による二部作 第二弾。
戦争映画・・・ しかも日本軍が玉砕した島の映画 というだけで、かなり気が重くなりがちでしたが・・・
う~ん これは、そういった感情を呼び起こすような既存の映画ではない・・・
まったく新しい感覚の戦争映画に仕上がっておりました。

それはまるでドキュメンタリーフィルムかと思うほど、淡々と進みました。

涙は最後まで、無しでした。
傍観者として 客観的に見てしまったというわけです。
見させられたと言うべきか・・・?

前作での日本兵は、物陰?から不意打ちに攻撃をしかけて、反撃に遭い、その場で爆死・・・とか
いよいよ追いつめられると、自爆という選択をし・・・洞穴に反響する爆音がもの悲しさを誘う・・・ という
描写の度合いも頻度も、あくまでも押さえた感じで、そこに救われたような気がしたものですが(苦笑)
今回はほとんどが日本語。
出てくる俳優も馴染みのある顔ばかりです。
なので、もちろん ウルっと来るところも有りましたけれども
最後まできちんと見届けたい! と言う思いを強くしました。

全責任を負うリーダー栗林、一兵卒である西郷、その間に位置する中間管理職のような立場の?
西や伊藤など・・・ 
それぞれの立場、それぞれの視点、それぞれの本音が、淡々とした中から ひしひしと伝わってくる・・・。

前作の『父親たちの星条旗』にも使われた?と見られる戦闘場面も出てきましたが・・・
同じ場面でも、受ける感じはまるで違う という不思議な体験をしました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------
戦況が悪化の一途をたどる1944年6月、日本軍の最重要拠点である硫黄島に新たな指揮官、栗林忠道中将が降り立つ。圧倒的な戦力のアメリカ軍を迎え撃つため、栗林は島中を張り巡らせた地下要塞の構築を進めていく…。          (allcinema より)
-----------------------------------------------------------------------------------------------

栗林忠道中将(渡辺謙)
器の大きそうな温厚な性格と、追いつめられた時に見せた絶望感に満ちあふれた表情・・・ むむむ。

西郷(二宮和也) 
生業はパン屋という・・・ いかにも新兵さんと言う感じが出ていて良かったですね。
     
西中佐(伊原剛志) 
バロン西・・・ 知らなかったですが(苦笑) 映画の中では一番格好いい役でした。    

他には、加瀬亮(清水)、中村獅童(伊藤中尉)、裕木奈江(西郷の妻・花子)等。

監督 製作 音楽 クリント・イーストウッド


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(3) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 2

taha

わたしモ観ました。
カラー映画なのに、色具合を落としているあたりはサスガ・・とおもいました。
そのおかげで、爆発シーンとか血の出るシーーンが印象的に写ります。
賞取レースについて色々言われていますが、大きな賞は取れるか微妙なところでしょう。
by taha (2006-12-17 12:47) 

Labyrinth

tahaさん こんにちは!
毎度 nice!をありがとうございます。^_^;
こういった作品がこの時期に米国で公開されるのは良いことだと思われますね。
戦争と日本人 ということに対する正しい理解が深まれば良いがなぁ と憚りながら思います。
by Labyrinth (2006-12-17 16:49) 

トラックバック 3

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。