So-net無料ブログ作成

ヒミズ 2011 [は行の映画]

ヒミズ.jpg  ようやく観て参りましたっ(微笑)

「生きろ」と、君が言った。



----------------------------------------------------------------------------
「冷たい熱帯魚」「恋の罪」の園子温監督が古谷実の同名コミックスを、
舞台背景を東日本大震災後に設定して映画化した衝撃と感動の思春期ドラマ。
愛のない両親によってどん底に突き落とされ自らの未来に絶望した15歳の少年の魂の彷徨を、
同じように孤独な少女やホームレスの大人たちとの交流を通して描き出していく。
主演は、本作の演技でみごとヴェネチア国際映画祭のマルチェロ・マストロヤンニ賞
(新人俳優賞)に輝いた染谷将太と二階堂ふみ。

15歳の孤独な少年、住田祐一の夢は、誰にも迷惑をかけずに生きる平凡な大人になること。
そんな住田にクラスメイトの茶沢景子は好意を抱き、
住田の実家である貸しボート屋を手伝うなど積極的にアプローチする。
それを疎ましく思いながらも、少しずつ心を解きほぐしていく住田。
ところが、借金をつくって蒸発していた父親が戻ってきたことで、住田の運命は大きく狂い始める。
                               (allcinema より)
----------------------------------------------------------------------------

気になっていたタイトルの “ヒミズ”
初めて遭遇したコトバなので、なんだろう? とずっと疑問に思っていましたが・・・

ヒミズ(日不見、日見ず 学名:Urotrichus talpoides )は、
トガリネズミ目モグラ科に分類される哺乳類。”  (wikipedia より)

作品中でも、早々に説明が出て・・・ おぉー 日不見 !? なるほど~ と納得。 

しかし、原作は全く知りませんので、これにどんな意味を持たせているのか?
とても興味をそそられましたね。


まずは、大津波が去った後の瓦礫の山の映像に驚愕 !?

・・・改めて胸が痛みましたけれど
人間の営みの儚さ、自然の脅威・・・ 色んな感情が蘇ってきました。

そしてその後、
主人公の塒(ねぐら)が水辺にあると知り、得も言われぬ不安が・・・ !?


さて、
主人公 “住田くん” の周りには意外にも?気の良い連中が集まっていました !?

どこかで見たような面子でしたけれども(笑)
中学生の “住田くん” を軽んずることもなく、自然に共存している? と言った風情で・・・。

そんな彼らの存在が最後まで “救い” でしたね。

それに引き替えっ
肉親の薄情さと言ったら・・・ !?

反面教師とはこのこと! と言うくらい・・・
そろいも揃って、父も母も品性下劣というか !?  ・・・ともかく、好ましからぬ環境!

・・・ですが、“住田くん” は自分なりの “設計図” を描き、それに沿って生きようとしていた。

それを、横から勝手に !? 応援している同級生の “茶沢さん”

茶沢さんもですが、住田くんの汚れ(けがれ ですよ(笑))のない表情に清々しさを覚えました!
賞を頂いたというのも当然! と頷ける、素材の良さと熱演でした。

貶められ、痛めつけられ、ズタズタであろう “住田くん” の、後半に流す涙は熱かったです !?

“茶沢さん” の屈託のなさそうな表情は、見ているこちらとしても、救われる思いが致しました。
実際は、屈折したものを内包しながら? 必死に生きている少女なのに・・・。

ヒミズ1.jpg

原作のラストは・・・ 救いのない?暗い方向だとか・・・?

映画では、
着実に歩み始めたことを確信させる!躍動感溢れるものになっておりました。

さんざ心を揺さぶられたものですから !? (笑) 
明るい展望のラストで心底ホッと致しました。(微笑)

正直、久々にハンカチの出番がありましたよ。(苦笑)
もちろん快い涙でございますけれど。

芸達者な俳優さんたち、ほんのチョイ役でもご出演 !?   豪華です。

ともかく、
染谷 & 二階堂コンビの青春映画?の薬味的存在として !?  
アクの強さでは甲乙付けがたい!? 渡辺哲と でんでんが出色でしたね。
短いながらも、彼らの “絡み” は見ものでした。 

しっかし、内容的には相当にハードでしたね~(苦笑)
ま、それを見越しての鑑賞なんですけどね。(爆)

でも、何故か心はHOT♪
胸の奥深くに響くような素敵な作品と思いました。


染谷将太(住田祐一)
二階堂ふみ(茶沢景子)
渡辺哲(夜野正造)
諏訪太朗(まーくん)
川屋せっちん(藤本健吉)
吹越満(田村圭太)
神楽坂恵(田村圭子)
光石研(住田の父)
渡辺真起子(住田の母)
モト冬樹(てつ)
黒沢あすか(茶沢の母)
堀部圭亮(茶沢の父)
でんでん(金子)
村上淳(谷村)
窪塚洋介(テル彦)
吉高由里子(ミキ)
西島隆弘(YOU)
鈴木杏(ウエイトレス)


監督 園子温
nice!(13)  コメント(9)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 13

コメント 9

楽しく生きよう

この映画初めて知りました。
考えさせられる作品ですね。

お邪魔の間隔が空いておりますことをお許し下さい。
by 楽しく生きよう (2012-02-09 07:57) 

末尾ルコ(アルベール)

もっともっと多くの人に観てもらいたいですね!

                                  RUKO
by 末尾ルコ(アルベール) (2012-02-12 08:14) 

Labyrinth

あいか5drr さん (^_^)ノ
早速のnice! を、どうもありがとうございました。
by Labyrinth (2012-02-12 18:33) 

Labyrinth

あんれに さん (^_^)ノ
nice! を、どうもありがとうございました。
by Labyrinth (2012-02-12 18:33) 

Labyrinth

楽しく生きよう さん (^_^)ノ こんにちは。
お返事が大変遅くなりまして、申し訳ございませぬ。 ぺこり。
これはお勧めですよ!
主演の二人がとにかく良いのです!
楽しく生きよう さんの体調のよろしいときに是非 !? (^_-)b

こちらこそ、いつも深夜にお邪魔することが多いので(爆)
コメントが残せなかったりしまして、申し訳なく思っておりまする。
nice! を、どうもありがとうございました。
by Labyrinth (2012-02-12 18:42) 

Labyrinth

siroyagi2 さん (^_^)ノ
かみ さん (^_^)ノ
alba0101 さん (^_^)ノ
xml_xsl さん (^_^)ノ
dodonga さん (^_^)ノ
官兵衛 さん (^_^)ノ
鉄腕原子 さん (^_^)ノ
bit さん (^_^)ノ
裏・市長 さん (^_^)ノ

皆さん nice! を、どうもありがとうございました!
by Labyrinth (2012-02-12 18:43) 

Labyrinth

末尾ルコ(アルベール)さん (^_^)ノ こんにちは。
本当にそう思いますね。
映画の配給も偏りがあるように感じてしまいますけれども?
お近くで掛かっていたら 是非ご覧ください! と申し上げたいですね。
でもそろそろレイトショーのみになってしまうのかも !? (爆)

nice! を、どうもありがとうございました。
by Labyrinth (2012-02-12 18:48) 

つむじかぜ

ようやくご覧になりましたかぁ!!!
エンディングは震災後に全く別の展開に書き直したらしいですね。
重いけど胸に響く、こんな作品は好きです。TBよろしくです^^

by つむじかぜ (2012-02-13 05:09) 

Labyrinth

つむじかぜ さん (^_^)ノ はーい 遅まきながら観て参りました~♪
“感動” と言うコトバはあまり使わない主義ですが、これには使っても良いと思いました。
私もこーゆーのは好みです。
こちらこそ、TBをよろしくお願い致します。
by Labyrinth (2012-02-14 19:09) 

トラックバック 1