So-net無料ブログ作成
検索選択

かぐや姫の物語 [か行の映画]

かぐや姫の物語.jpg 罪と罰!? 興味津々です~ ^^;

姫の犯した罪と罰。

上映時間 137分 



----------------------------------------------------------------------------------------
「火垂るの墓」「おもひでぽろぽろ」の巨匠・高畑勲監督が、
日本最古の物語文学『竹取物語』を、アニメーションの地平を切り開くべく
野心的な映像表現を駆使して描き出す長編ファンタジー・アニメーション。
声の出演は朝倉あき、高良健吾、地井武男、宮本信子。
なお本作では、高畑作品ではお馴染みの画より先に声を録音する
プレスコという手法が採用されているため、
本作完成前の2012年6月に他界した地井武男も
2011年夏には録音を終えていたとのこと。

 
竹林にやって来た翁は、光る不思議な竹に気づき、近づくと小さな女の子が現われた。
女の子を連れ帰った翁は、媼とともに自分たちの子として大切に育てる。
女の子は捨丸ら村の子どもたちと元気に遊び回り、すくすくと成長。
翁は娘を立派な女性に育てようと、都に移り住み、教育することに。
そして美しく成長した娘は、かぐや姫と名付けられる。
やがて姫の美しさを聞きつけ、5人の求婚者が現われるが…。

                             (allcinema より)
----------------------------------------------------------------------------------------

知っているようで、シカとは知らない!? 「かぐや姫」の世界を楽しみにしていました♪
(劇場で見なさいよぉ と言われそうですけれど・・・ ポリポリ (・・*)ゞ)

このシンプルな絵の世界は、はたして受け入れられるのか?

・・・という危惧もありましたが、興味の方が勝ったみたいで!?
何の抵抗もなく、すんなりと引き込まれてしまいましたっ♪ ^^;

かぐや姫の物語1.jpg

まずは、翁の 表情が可愛い過ぎ♪ (^m^)
そして、地井さんの あの独特の声ですね~ w

冒頭の神秘的な出来事から始まり
その後、媼のお乳が出ちゃうところとか (爆)
赤子の “たけのこ” (後のかぐや姫)の急成長とか

驚きの連続なのでしたが・・・

日本の四季の魅力をわらべ唄調に歌い上げる という
古風で不思議なメロディの劇中歌と合わせて・・・
様々な日本の自然の美しさを、淡い色あいの優しい画調で魅せてくれました♪

その後は、姫の成長に伴う、心の機微など
繊細な感情表現に魅力を感じたり・・・!?

舞台を京の都に移しますとっ
登場人物も多彩になり、面白さにも益々拍車が掛かりましたね♪

“サガミ(相模)” という、姫の教育係に惹かれてしまったのですがっ 
声の担当が高畑淳子さんと後でわかり、顔まで似てる と妙に納得!w

お付の子 “女童” のビジュアルが可愛くて、これも妙に惹かれましたけれど
声が田畑智子さんとは意外でしたっ(笑)

媼の声と、ナレーションは大ベテランの宮本信子女史♪
特徴あるお声は、いつも艶っぽくて安心感があり、まさに魅惑のヴォイス♪ ^q^

地井武男さんとは Nice なコンビネーションでしたね♪

2011年に声を入れて、それから絵を作り上げていったそうですが
まさか 地井さんの遺作となろうとはっ

閑話休題

“姫の犯した罪と罰”

深い洞察力に唖然・・・ ( ̄ο ̄;
そんな複雑な心理状態で、乙女心を痛めていたのですか!? 

しかし、
本作を見てすべて理解できた と言えないのが悩ましいところです・・・。(爆)

さて・・・
いったん、シンプルな絵の世界に引き込まれてしまうとっ
今度はそこに居続けたくなる という不思議な現象がっ!? (笑)

繰り返し観たくなる! ということですけれども・・・ 
そんな気持ちにさせてくれるアニメ作品て稀かも♪ (^_-)-☆

朝倉あき(かぐや姫)
高良健吾(捨丸)
地井武男(翁)
宮本信子(媼)
高畑淳子(相模)
田畑智子(女童)
立川志の輔(斎部秋田)
上川隆也(石作皇子)
伊集院光(阿部右大臣)
宇崎竜童(大伴大納言)
古城環(石上中納言)
中村七之助(御門)
橋爪功(車持皇子)
朝丘雪路(北の方)   (友情出演)
仲代達矢(炭焼きの老人)
三宅裕司        (特別出演)

主題歌   二階堂和美   「いのちの記憶」

監督・原案・脚本 高畑勲
nice!(27)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 27

コメント 2

つむじかぜ

この絵作りは衝撃的でしたね!
同じジブリでも、宮崎氏とは対極の、高畑氏渾身の傑作だと思います。
久々にTBポチッと^^
by つむじかぜ (2015-02-19 02:09) 

Labyrinth

つむじかぜ さん (^_^)ノ
残念ながらビデオ鑑賞となりましたが ^^; 世界観は十分味わえたと思いまする~♪
本当に “衝撃” (^m^) 疾走するところなぞは怖いくらいでしたっ!?
ちと長いのが・・・ 難と言えば難かも!? ですけどね(´m‘) 
TBも、ありがとうございました。 w
by Labyrinth (2015-02-19 13:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1