So-net無料ブログ作成

グランド・イリュージョン 見破られたトリック(NOW YOU SEE ME 2) 2016 [か行の映画]

グランド・イリュージョン 見破られたトリック.jpg 劇場鑑賞叶わず・・・ ^^;

ド派手なイリュージョンで、
巨大な悪を暴く。
----------------------------------------------------------------------------------------
スーパー・イリュージョニスト・チーム“フォー・ホースメン”が巨大な悪に立ち向かう
大ヒット・クライム・サスペンスの続編。
新たなミッションに挑むフォー・ホースメンの前に、恐るべき野望を抱く天才エンジニアが立ちはだかる。
出演はジェシー・アイゼンバーグ、マーク・ラファロ、ウディ・ハレルソンら続投組のほか、
敵役としてダニエル・ラドクリフが新参加。
監督は「G.I.ジョー バック2リベンジ」のジョン・M・チュウ。  (allcinema より)

----------------------------------------------------------------------------------------

ディラン(マーク・ラファロ)が幼少のみぎり・・・
楽しみに見守っていた “奇跡の脱出ショー” でまさかの事故!? ( ̄ο ̄;
脱出失敗で、父親シュライクが亡くなる という悲しい過去がありました・・・。

そのライオネル・シュライクと敵対していた? “マジック見破り人” サディアス・ブラッドリーは・・・

“罠に嵌り(前回)” 今は優雅な(?)ムショ暮らしの身となっているが・・・
自分を罠に嵌めた “ホースメン” は正義の犯罪集団か? 聖人か? ただの盗人か?

と、述懐し・・・ 「彼らが再び姿を現したとき、必ず報いを受ける」 と畳み込む。

そして最後に謎の言葉?  “目(アイ)には目を”
(このモーガン・フリーマン扮するサディアス・ブラッドリーは、良い意味で? “曲者” でしたねw)

タイトルが出て、シーンが変わりますとっ
アトラス(ジェシー・アイゼンバーグ)が、“アイ(秘密結社)” とコンタクトを取ったようで・・・
迷路のような地下道の先にある? 怪しげな場所で接触!?

「まもなく始動する」
「ディランの連絡を待て」
と、これまた謎めいた?言葉を投げ掛けられる!

その言葉通り?
前回から1年程姿をくらましていた“フォー・ホースメン” のメンバーが再集結することに・・・!

・・・新たに、
人を喰ったような? ^^; 若い女性のマジシャン ルーラが加わった。

因みに、このルーラを演じるのはリジー・キャプラン
「マリアンヌ (2016)」では、プラ・ピの妹役でしたね^^;

役柄によらず? “強い女性” という印象を受けるのは、お顔のせいでもないでしょ~が?(笑)
今回、紅一点・・・ なかなか活きの良いところを見せて盛り上げてくれましたね。

閑話休題

さて、彼らの目的は・・・?
巨大IT企業オクタ社のプレゼンを乗っ取り、個人情報を巡る同社の不正を暴露すること。

だったのですがっ
大盛況の中・・・ なんと成功目前に何者かによって邪魔が入りっ!?

・・・ “フォー・ホースメン” には5人目のメンバーが居る! それはっ
FBI捜査官のディラン・ローズだ!

と大々的に、バラされてしまう!? ( ̄ο ̄;
(その前には、死んだことになっているジャックにスポットライトが浴びせられ!これもバレバレ)

アトラス、マッキニー、ジャック、ルーラの4人は、決めてあった手筈通りに逃げ出した!?
ハズでしたがっ
なんと、気が付くと “マカオ” の飲食店の厨房に “落されていた” !? 

そこには、マッキニーの双子の片割チェイス(ウディ・ハレルソン)が待ち構えており!?
4人をボスの元に連れ去ります。

ボスとはっ
去年死んだことになっている!? ウォルター・メイブリー(ダニエル・ラドクリフ)

天才エンジニアのウォルターは・・・
世界のあらゆるシステムにアクセスが可能になるという “チップ” を
オクタ社から盗み出すよう、彼らに命ずる!?

さて・・・?

オクタ社の内覧会に、常連客?のギャングの息子の代理として乗り込む4人。
(催眠術という便利なもの?を利用して・・・ ^q^)

華麗なるというか!? めまぐるしい? “技” の応酬は一つの見どころとなっておりまする♪

official website によりますと・・・
ほとんどCGに頼らず、猛練習の上での アノ出来栄え・・・ ということで ^^;
本当に全編、見事と言えるマジックが満載の、高品質の作品となっていると思いますね。

心情的には、
長年の恨み? ディランの “蟠り” が解けていく過程に、ジーンときたり致しましたが・・・ ^^;
しっかし、辛抱強い人だなぁ ┐(´_`)┌  それ程 恨みが深かった!? ということか!? w
地味ながらも?マーク・ラファロの頑張り というかアクション・シーンに、感心してしまいました。w

キャラ的には?ウディ・ハレルソンが二役を演じた “マッキニー” が良かったかな?
特に、弟のチェイスはツボでしたっ ^q^

ともかく、筋立ての複雑さはあるにせよ
マジックを含めて? 明快な種明かしがあるので、混乱するようなことにはならず!?
ラストの大どんでん返しまで、一気に楽しむことが出来ましたね♪

これも、役者が揃った!? 感がありますが ^^; 今後も続くのでしょうか?w

ジェシー・アイゼンバーグ(J・ダニエル・アトラス) “フォー・ホースメン” のリーダー
マーク・ラファロ(ディラン・ローズ) FBI捜査官
ウディ・ハレルソン(メリット“メーベア”・マッキニー(弟チェイス “チェイシー”)) メンタリスト
デイヴ・フランコ(ジャック・ワイルダー) カード・マジシャン
リジー・キャプラン(ルーラ) イリュージョニスト
ダニエル・ラドクリフ(ウォルター・メイブリー) 天才エンジニア
ジェイ・チョウ(リー) マカオのマジック商人
ツァイ・チン(BuBu) リーの祖母
サナ・レイサン(ナタリー・オースティン) ディラン・ローズの上司
デヴィッド・ウォーショフスキー  警察官
マイケル・ケイン(アーサー・トレスラー) 大富豪
モーガン・フリーマン(サディアス・ブラッドリー) 伝説のマジシャン
ヘンリー・ロイド=ヒューズ オクタ社代表?

監督 ジョン・M・チュウ
nice!(31)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 31

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0