So-net無料ブログ作成
検索選択

チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~ 2017 [た行の映画]

チア☆ダン.jpg 福井弁はNice♪ ^q^

行こっさ、アメリカ!

----------------------------------------------------------------------------------------
2009年に福井県の高校のチアリーダー部が全米チアダンス選手権で優勝した、という奇跡の実話を
「海街diary」「ちはやふる」の広瀬すず主演で映画化した青春ストーリー。
共演は中条あやみ、山崎紘菜、富田望生、福原遥、真剣佑、柳ゆり菜、天海祐希。
監督は「映画 鈴木先生」「俺物語!!」の河合勇人。
 
県立福井中央高校に入学した友永ひかり。
サッカー部に入った中学時代からの憧れの同級生・山下孝介を応援したくてチアダンス部に入部する。
しかし顧問・早乙女薫子のスパルタ指導に反発して先輩部員が全員退部してしまい、
残ったのはひかりをはじめ新入生ばかりのほぼ全員素人集団。
それでもチームメイトの彩乃と切磋琢磨しながら練習に打ち込むひかり。
そんな中、ついに廃部かという時、校長たちの前で思わず“全米で優勝します”と啖呵を切り、
どうにか廃部を免れたひかりだったが…。        (allcinema より)
----------------------------------------------------------------------------------------

あまり邦画を観ない・・・ TVドラマもほとんど観ない私めですが (汗)
コレは強く惹かれて!? 早々に観てきました。w

本家本元の快挙は、何よりの宣伝効果となるのでしょうが?(笑)

「福井県立福井商業高等学校チアリーダー部『JETS』が、現地時間5日に
フロリダ州オーランドのライブハウス・Hard Rock Liveで行われた全米チアダンス選手権大会
インターナショナルチームパフォーマンス部門で5連覇を達成した。(Yahoo!ニュースより)」

快進撃の裏にはどんな苦労や努力が・・・!?
と、スポ根もののイメージで捉えがちな私めでしたけれど?  
そこは花も恥じらうお年頃の女子ばかり・・・
華やかで眩いほどの青春映画に仕上がっておりましたっ (^_-)-☆

広瀬すず、中条あやみ(私はお初)ですから、ともかく絵面が綺麗♪

この二人に加えて、ヒップホップダンスの名手?山崎紘菜が夜の街に躍るシーンは
何とも不思議な魅力に溢れ♪ 思わず目を奪われてしまう素敵な時間でしたね。
                  
さて、
本編を観て思い出したのが 「ピッチ・パーフェクト(2012)・ピッチ・パーフェクト2(2015)」
アカペラで世界大会を目指すというのと、チアダンスとの違いはありますが・・・
どことなく似ているように思いましたっ ん? (▼_▼メ) マネッコか?  なんてね ww
(全米大会の中継の解説風景とか? ですけれど・・・ w)

う~むむむ それにしても・・・
オープニングクレジットに、いちテレビ局名がドーンと出て参りまして・・・。

だからと言うワケでもございませぬが  (・・*)ゞ
ど~も垢抜けない演出?編集?は気になるところではございましたね。
(ま、それを帳消しにするような出演者の熱演があるので! “ご愛嬌” と受け止めて・・・?(汗))

・・・ “無” から、努力を積み重ね、ひいては世界制覇へ♪ という、サクセスストーリーですが

多くの “無” 組の、挫折や成長を描きつつ・・・(私めの注目はポッチャリ系の富田望生)
元々下地があった!? という、中条あやみ演ずる “部長 玉置彩乃” の生真面目さや苦悩も見どころ!

また、彼女たちを叱咤激励し、見守る側も素敵な布陣でしたね。(^_-)-☆
筆頭は間違いなく “チアリーダー部” 生みの親、早乙女先生の天海祐希でしょうね~♪

“地獄の声” と畏れられ?(¬、¬;
しかし、その裏側では、指導者として人知れず苦悶する人間らしい先生の姿がありまして
後半の短い描写ながら、胸を打たれた私めは思わずジーン・・・ (;_;)

その早乙女先生から、請われてダンス指導にやってきた大野先生(陽月華)が、これまたNice♪
今調べましたら元ヅカガールで、「駆込み女と駆出し男 (2015)」にご出演とあり・・・
なんと “清々しくもカッコよくて♪ Wow♪” と自分で書いているのにスッカリ忘れておりましたっ(爆)
メンタル面も技術面も彼女の手腕に因るところが大きいのかな? と思われましたけれどっ?

お二人とも揃ってポーズ♪ のシーンは、やはり颯爽として、キマッてましたね♪

ところでっ
“笑顔がイイ” と、初対面で早乙女先生の心をつかんだ ひかり(広瀬すず)は・・・
怪我に見舞われたり と、不運なことはあっても、いつもムードメーカーで居ようと努力していた!?
(そういう性格の子なので?努力してやってたとは言わないか?^^;)

しかし、その ひかりを全否定してしまう!? 早乙女先生・・・ というシーンが衝撃でした。(汗)
やはり、頂点を目指す! と決めたらっ ナミの事をやってちゃダメなんだ ということでしょうね。

それはまた、全米大会決勝の直前でも、同じような理由から・・・?
今度は部長の玉置彩乃(中条あやみ)の上にも、辛口な台詞がっ ( ̄ο ̄;
というか、早乙女先生の “苦渋の選択” なのでしょうけれど・・・
センター外れろ と言われるのはショックですわね。(苦笑)

やはり、勝機を引き寄せるためには冷静で緻密な分析と判断、動物的な勘?がモノを言う!?w
早乙女先生 一世一代の大勝負! と言うワケでしたね ^^;(おっとネタバレし過ぎか!? (汗))

広瀬すずが、悔し涙を流す場面がありましたが・・・
あれはホンモノだったと、ご本人がいみじくも語っておられましたが・・・ ^^;

自分の事を思い返してみますと
クラブ活動も、勉強も、恋すら中途半端・・・ orz
やはり、あのキラキラした時期に何かに熱中しとけばヨカッタのかな? と・・・。 (遠い目(¬、¬;)

閑話休題

福井の街?と思われるロケーションも素敵で
福井弁?も素敵で 
何より、キビキビとしたダンスに魅了されました♪
ホンモノさんと比べたら ナンなのでしょうけれど?
俳優さんたちの踊りは本当に素敵で、見応えありましたyo♪

そして、人気の女優さんのオヘソまで見られるとはっ ww

いやー 久々に爽やかな “青春” に触れて、涙腺も緩くなりがちな自分でした。w
(ん? それは毎度の事かな?(爆))


広瀬すず(友永ひかり)
中条あやみ(玉置彩乃)
山崎紘菜(紀藤唯)
富田望生(東多恵子)
福原遥(永井あゆみ)
真剣佑(山下孝介)
柳ゆり菜(村上麗華)
健太郎(矢代浩)
南乃彩希(絵里)
陽月華(大野)
木下隆行(ひかりの父)
安藤玉恵(多恵子の母)
緋田康人(教頭先生)
きたろう(校長先生)
天海祐希(早乙女薫子)

監督 河合勇人
nice!(31)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 31

コメント 2

末尾ルコ(アルベール)

観ましたか!とは言え、広瀬すずと小松菜奈は、若手ではトップの才能だと思います。  あ、ヴィキャンデルのスウェーデン時代の『ピュア 純潔』と言う映画、とてもよかったです。めちゃめちゃ演技、上手いですね。  RUKO
by 末尾ルコ(アルベール) (2017-03-14 01:30) 

Labyrinth

末尾ルコ(アルベール) さん (^_^)ノ
早々と観てきましたよ! (笑)女優さんたちの頑張りに大拍手でした♪

“ピュア 純潔” 〆(._.)メモメモ いつも、ありがとうございます♪
by Labyrinth (2017-03-15 00:06) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。