So-net無料ブログ作成
検索選択

ネオン・デーモン(THE NEON DEMON) 2016 [な行の映画]

THE NEON DEMON.jpg 劇場鑑賞・・・迷いに迷った挙句、レンタルDVDでっ ^^;

無垢な夢が
邪悪な毒に
染まる

映倫 R15+

---------------------------------------------------------------------------------------------
「ドライヴ」のニコラス・ウィンディング・レフン監督がエル・ファニングを主演に迎え、
欲望と嫉妬渦巻くファッション・モデルの世界を舞台に、一人の新人モデルがのし上がっていく中で
体験する悪夢的恐怖をエロティック&バイオレンスに描いたスタイリッシュ・サスペンス。
共演にクリスティナ・ヘンドリックス、ジェナ・マローン、キアヌ・リーヴス。 (allcinema より)
---------------------------------------------------------------------------------------------
それ程に “尻込み” をさせる何かがあったのです・・・^q^ ニヤリ

「ドライヴ (2011)」も「オンリー・ゴッド (2013)」もDVD鑑賞しているはずなのですが
どうやらレビューは書いてない・・・   というかUPされていませんでしたっ(爆)
我ながら、やはり何か引っかかるものがあったのだなぁ? と推測致します。 (・・*)ゞ

そんなわけですが、今回は、ご出演の女優陣の魅力に惹かれての鑑賞ですので・・・(汗)
シカと記そうかと思いまする。 

ニコラス・ウィンディング・レフン監督の独特の世界観というのか?
持ち前のセンスの良さ?は、私めの好むところではございますが・・・
オープニングからして、色彩の美しさに息を呑む感じでしたね!?
それにNice♪な音楽、スタイリッシュな構図 等々
加えて、徹底したエロとグロの追求でしょうか?
それらは、ラストまで途切れることなく 否 益々彩りを濃くして迫って参りましたっ (汗)

これまで、エル・ファニングの成長記録のように? ^q^ 彼女のご出演映画を観てきましたが
きいてほしいの、あたしのこと ウィン・ディキシーのいた夏 (2005)<未>」 の頃は超可愛かった♪

しっかし、
ファニーフェイスだな と思いこそすれ “美しい” 等とは一度も感じた事がなかったような・・・?(爆)

その現象?は、本作でも続いていたのですが・・・(汗)
不思議なことに、先に進むにつれ、ひょっとしたら美人なのかも? と思うようになりました? w

・・・彼女を磨き上げ、気持ち的にも?持ち上げて! 持ち上げて!(微笑)
挙句の果てがアノ仕打ち・・・ (▼_▼メ) (爆)
 
・・・まあ、そんな感じの映画でしたがっ(汗)
半ば緊張しつつ? ^^; ラストまで興味津々♪  とても面白く観ることが出来ました。
(まぁ グロはご勘弁を! という方向きでは決してございませぬがっ(苦笑)) 

冒頭は、薄暗がりに浮かび上がる、ソファに横たわる若い女の姿・・・。
血痕が付着したような生々しい肢体を、カメラマンの鋭い?視線が狙っております。

撮影を終えたジェシー(エル・ファニング)が更衣室で、血糊を拭い落としていると
メイクアップアーティストのルビー(ジェナ・マローン)が声を掛けてきて、手伝ってくれる。

ルビーはジェシーに “初々しさ” や “無垢な美しさ” を視て、心惹かれたのか・・・
色々と探りを入れてきた後、パーティに誘った。

妖しげな雰囲気のパーティ会場では、ルビーの知り合いのモデルたちに合流!
彼女たちは、ルビー以上に興味を示し! 明け透けな質問をジェシーにぶつけてきたが
ジェシーはそれなりの反応で切り抜ける!? ^^;
(後にルビーは・・・ 何かあったら深夜でも良いから連絡を! とジェシーに電話番号を伝える。)

カメラマンを引き受けたのはネットで知り合った若い男ディーン(カール・グルスマン)
田舎から出てきたばかりのジェシーにとって、LAでの彼の存在は心強かったのだが・・・。

パサデナのモーテルのオーナー?ハンク(キアヌ・リーヴス)は、ヘビースモーカー?
いつもイライラ! キレやすく?不遜な印象の男だったが・・・。
(もっと深く絡んでくるのかと思いきや・・・? w)

ともかく、ジェシーはこの、あまり趣味の良くない?モーテルに落ち着いて・・・
まずは、モデル事務所の面接に・・・!
(ワンピースドレスにスニーカーというスタイルが今どきの若い子らしい?w)

面接を担当したロバータ・ホフマン(クリスティナ・ヘンドリックス)は、初見でピンと来た様子で?
いくつかの質問の後、早速契約書類を用意させると、ジェシーに、保護者のサインを・・・ と言う。

ジェシーは、実はまだ16歳。
そこを曖昧にしていると・・・
担当者も当然のように? 訊かれたら19歳で通しなさい とアドヴァイス。
(ジェシーは身寄りも無いので、持ち帰った書類に自身でサインをしてしまう・・・。w)

ディーンが撮ってくれた写真を “素人芸” と酷評した面接のホフマン女史は
改めて、一流のプロカメラマン、ジャック・マッカーサー(デズモンド・ハリントン)の名を挙げて
彼のカメラテスト?を受けるよう手配してくれる。

スタジオでは、ルビーが奇抜なメイクをしてくれて、撮影に臨んだが
気難し屋で有名な?ジャックは、初っ端からジェシーに食い付き!?
即座に人払いをして、妖しげな雰囲気の中? 二人きりの撮影となった。

ファッション・ショーのモデル選考の時にも、男性デザイナーは一目でジェシーを気に入った。

こうして、出会う人毎に、自身の “持てる魅力” を実感させられるジェシーだったが・・・
その陰で、苦汁を呑まされる者たちの嫉妬と憎悪は計り知れないものとなっていった!?

さて・・・?

今回の気になるご贔屓女優と言えば、ジェナ・マローン
子役時代の「コンタクト (1997)」の彼女は、それこそ無垢で可愛かったですが ^^;
今回は、( ̄д ̄; ギョギョギョ なスタイル?も披露していまして、大胆さにウットリしてしまいます?(笑)
ルビーの副業?が凄いですし!? 見せ場は沢山あって、充分?楽しませてもらいました♪ w

そして、
モデル仲間としてご出演のアビー・リー(サラ)とベラ・ヒースコート(ジジ)ですが・・・
色々と面白い台詞を彼女たちに言わせているところが、とても笑えましたね ^q^
ウイットに富んでいると申しましょうか? ^q^

しかし、まさに “NEON DEMON” なんですよね~ (¬、¬;

初見はただただ吃驚仰天な私めでしたが、次にじっくり見た時にはもう “虜” !? (笑)
これも見る方を選ぶ作品ということで・・・。

エル・ファニング(ジェシー)
キアヌ・リーヴス(ハンク) モーテルのオーナー?
クリスティナ・ヘンドリックス(ロバータ・ホフマン) モデル事務所
ジェナ・マローン(ルビー) メイクアップ・アーティスト
アビー・リー(サラ) ファッションモデル
デズモンド・ハリントン(ジャック・マッカーサー) プロカメラマン
ベラ・ヒースコート(ジジ) ファッションモデル
カール・グルスマン(ディーン) ジェシーのネット友

脚本 メアリー・ローズ
   ポリー・ステンハム

監督・脚本・原案 ニコラス・ウィンディング・レフン

nice!(26)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 26

コメント 2

末尾ルコ(アルベール)

これ、早く観たいと思ってました。高知の劇場にかかるわけもないわけですが、エル・ファニング、このところ大評判ですね。それとキアヌ・リーブスは大復活ですね。かつてのキアヌより、今のキアヌがずっといいです。 RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2017-08-01 01:00) 

Labyrinth

末尾ルコ(アルベール) さん (^_^)ノ
これはRUKOさまの大好物では? と思いまする。w
俳優さんたち、皆綺麗で眼の保養になりました・・・^q^
キアヌは “スパイス” ?的な扱いながら、ピリッとサスペンス色を強めてましたので流石ですねw
by Labyrinth (2017-08-01 01:22) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0