So-net無料ブログ作成
検索選択

散歩する侵略者 2017 [さ行の映画]

散歩する侵略者.jpg 久々の?黒沢清監督作品。 ^^;

世界は終わるのかもしれない。それでも、一緒に生きたい。

----------------------------------------------------------------------------------------------
気鋭の劇作家・前川知大率いる劇団イキウメの同名舞台劇を
「岸辺の旅」「クリーピー 偽りの隣人」の黒沢清監督が映画化した異色SFドラマ。
人々から“概念”を奪っていく謎の侵略者によって人類が滅亡の危機に直面していく中、
夫が侵略者に乗っ取られた妻の戸惑いと夫婦が辿る予測不能の運命を描き出す。
主演は長澤まさみと松田龍平、共演に長谷川博己、高杉真宙、恒松祐里。(allcinema より)
----------------------------------------------------------------------------------------------
冒頭は縁日?
金魚掬いをする人の手と真っ新なポイの大写し・・・
赤い “キンギョ” 一匹が掬い取られて・・・ (私めは様子が掴めず?(・_・?) ハテ?状態・・・w)

・・・下校途中の普通の女子高生?
街道沿いの自宅に辿り着き、中に消える・・・。
その直後? 別の角度からのカメラには、
玄関ドアから逃げようと這い出る女性が中に引きずり込まれ・・・!? ( ̄ο ̄;

・・・先程の女子高生?が明らかにヘンな様子で車道の中央をふらふら歩き出す・・・!?
通行中のクルマやトラックは、たちまちとばっちりを喰らい、大事故に発展!!!
惨状を背に?悠々と立ち去る血まみれの少女・・・(後に立花あきら(恒松祐里)と判明・・・)

ここまで見ますと、“侵略者” は残虐で、全編がホラーテイストになるのかしらん?と思いましたが
違うタイプの “侵略者” も存在してましたっ!? (笑)

在宅でイラストレーターの仕事をしている加瀬鳴海(長澤まさみ)は
数日間音信不通だった?夫の真治(松田龍平)が保護され、病院で治療中との連絡を受ける。
はたして、駆け付けてみると、夫 “しんちゃん” は明らかにヘンになっていた!? 

最近は彼の“浮気” の噂も耳にし? 夫婦仲はあまり良いとは言えなかった二人だったが・・・
ヘンになった “しんちゃん” は妙に穏やかで優しく、ピュアな感じさえした!? ^^;
医師は・・・ 病名は特定できないが、ともかくしばらくは自宅療養を! と言う。

“しんちゃん” は正気を取り戻すでもなく?毎日散歩と称して出歩くのが日課となり・・・
鳴海は戸惑いつつも、とりあえず彼の会社に退職届を出した。

巷では、例の “一家惨殺事件” が話題となったが・・・  “奇妙な現象” も?

ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は現場に赴き取材中・・・
天野(高杉真宙)という謎めいた若者に出会い、ひょんなことから行動を共にすることに・・・!?

二人は事件の鍵を握る女子高校生・立花あきらの行方を探すため、アンテナ付の取材車で移動。
その後、彼女は警察に保護され病院に収容されたとわかり、早速会いに行くのだが・・・

さて・・・?

気になったのは・・・ (そんなことが? と言われそうですがっ w)

民家や病院?等々のシーンで、何故か筋違(すじかい X型の補強材?)が露わになっていて!?
それが妙なアクセントとなり・・・? これはわざとで?作品に統一感を持たせたのかな? ナンテネ。

閑話休題

鳴海は “しんちゃん” から・・・ 桜井は天野くんから
“自分は地球を侵略に来た宇宙人だ” と告白され、「ガイド」役になって! と頼まれる・・・!?
二人とも何故か引き受けてしまい・・・ というところがミソですけれども。(微笑)
ガイド役からは概念を奪うことはしない という事の方がミソかな?  (・・*)ゞ

ともかく、使命を帯びてやってきたらしい “侵略者” の面子がNice♪

JK立花あきらを演じた恒松祐里はお初でしたが、格闘技にも通じている方なのか・・・
アクションが半端なく激しくて・・・ 超過激でしたね。(苦笑)

彼女の良き相棒となる?天野くんを演じた高杉真宙は、存在そのものが浮世離れしている?w
ま、冗談ですが ^q^ 彼の風貌や言動は、オトナの桜井を惹き付ける?!

また、“侵略者” に協力をしてしまうジャーナリスト桜井の揺れる気持ちもわからぬではなく・・・!?
長谷川博己の熱演とも相俟って、終始興味を掻き立てられる人物でございました。
 
シリアスなのか、コメディなのか?
どことなく “B” の味わいもあったりして?w

そうかと思うと、人々から奪った “概念” が蓄積されて、人への理解が深まると共に
人間臭くなってしまい・・・? 
と深読みをしたくなるような “しんちゃん” 松田龍平の不思議な存在感・・・


いつも夫に対して “怒り” を覚えていた?妻、鳴海は、いつしか変化をみせて・・・!? (爆)
(余談 長澤まさみ の揺れる乳房はサービスショット?  なんちて・・・ポリポリ (・・*)ゞ)

不思議な映画は、幕切れも不思議・・・
ちょいと理解が追い付かない感じながらも、私好みの映画だな と思った次第です。


ナンで日本? ナンで三人だけ?
とか、突っ込みどころが無いわけではナイですが・・・(苦笑)
あの世界にまた入り込みたくなりそうな・・・?(ニヤリ) 

長澤まさみ(加瀬鳴海)
松田龍平(加瀬真治)
高杉真宙(天野)
恒松祐里(立花あきら)
前田敦子(明日美)
満島真之介(丸尾)
児嶋一哉(車田刑事)
光石研(鈴木社長)
東出昌大(牧師)
小泉今日子(医者)
笹野高史(品川)
長谷川博己(桜井)

原作 前川知大
脚本 田中幸子

監督・脚本 黒沢清

nice!(23)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

nice! 23

コメント 2

takehiko

TVのCMで面白そうだなぁと思っていました。
黒沢清監督作品は、3本ほどしか拝見していないのですが
幻想的というか独特な世界観が面白いです^^

by takehiko (2017-09-17 00:44) 

Labyrinth

takehiko さん (^_^)ノ
この作品はお勧めです♪ ^^;
分かり易いですし!? 独特のユーモア センスがツボでした。
by Labyrinth (2017-09-17 01:44) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。