So-net無料ブログ作成

マイティ・ソー バトルロイヤル(THOR: RAGNAROK) 2017 [は行の映画]

THOR RAGNAROK.jpg 遊び心満載? (^m^)

死の女神の復讐がはじまる

---------------------------------------------------------------------------------------------
クリス・ヘムズワース演じるマーベルの人気キャラクター“ソー”が主役の「マイティ・ソー」シリーズ第3弾
にして「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」へと繋がるアクション・アドベンチャー大作。
復讐に燃える最強の敵を前に、盟友ハルクや宿敵ロキと手を組み、迫り来る世界の終わり(ラグナロク)
を食い止めるべく極限のバトルを繰り広げるソーの活躍を圧倒的スケールで描き出す。
共演はマーク・ラファロ、トム・ヒドルストン、イドリス・エルバ、アンソニー・ホプキンスのほか、
最強の敵ヘラ役でケイト・ブランシェット。
監督は「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」「ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル」のタイカ・ワイティティ。

アスガルドの王子でありながらアベンジャーズの一員となり、地球を守る戦いに身を投じてきたソーは
ある日、再会した父オーディンから世界の終わり(ラグナロク)が迫っていると告げられる。
そこに現れたのは、ある理由からアスガルドに対し強烈な恨みを抱く死の女神ヘラ。
ソーの究極の武器ムジョルニアをいとも簡単に破壊する圧倒的なパワーを持つ彼女は、
アスガルドの文明を崩壊させるという恐るべき復讐を計画していた。
そんな中、ヘラによって宇宙の辺境サカール星に飛ばされてしまうソーだっただが…。(allcinema より)
---------------------------------------------------------------------------------------------
今回は悲壮感よりも、Niceなユーモアセンスが光っている? 感じで楽しかったですね♪
益々筋肉モリモリのソー(クリス・ヘムズワース)には、まじで驚きましたけれども!? ^^; 
本作のソーは、これまでで一番しっくりくる? と言うか、魅力的に映りました。w
強いかどうかは別にして!? (爆)

ところで、冒頭は、燃える “赤” の世界・・・(予告編で観た時、なんじゃこりゃ~? と・・・ (・・*)ゞ)
炎の巨人?スルトと闘うソーが、苦戦しながらも、なんとか頭上の “王冠” 奪取に成功!
というところで、すでにアノ世界観に惹き込まれておりましたっ ^q^ なんて単純な自分!w 
(実は今回何故か?あまり期待感もなく・・・鑑賞も出遅れぎみでした・・・ (爆))

意外な父王の過去!? とか、死の女神の正体!? とかも、もちろん興味深かったのですが
私めの “一番” の不思議人物は、ジェフ・ゴールドブラム扮するところのグランドマスターでしたね~ w
(「眠れぬ夜のために (1984)」が大好きなので・・・(笑) 蠅男でもJPでもなく・・・ ね(^_-)b)

ソーが、死の女神ヘラに叩きのめされ、飛ばされたのが、宇宙の辺境の地?惑星サカール
そこの統治者が “グランドマスター” で、何故か格闘技大好きな人物・・・
超人ハルクを “超人” のまま飼い殺しにしていて!? ( ̄ο ̄; 強敵と戦わせるのが好き という。

ソーは、心の拠り所? “ムジョルニア” をヘラに壊されてから力が思うように発揮できずに!?
賞金稼ぎの女戦士ヴァルキリーにさらわれ、グランドマスターへと売り渡される。

“格闘大会” の場でソーは、王者ハルクと対戦するのだが・・・

さて・・・?

・・・と言ってもこれは、枝葉の話かな?(笑)

この惑星サカールでは、
“宇宙一の裏切り王子” こと、血縁の無い弟?ロキ(トム・ヒドルストン)が王に取り入ってゐたり
不思議な?監獄内でコーグ(タイカ・ワイティティ)という異形の囚人と出会い、意気投合したりして、

なかなか面白い展開で楽しませてくれました。


ここで一つ、
またしてもお間抜けな話でお恥ずかしいのですけれど・・・ w
“死の女神” ヘラの正体がわからずに、長いこと悶々としていた というバカな話なのですが(苦笑)
エンディング・クレジットで Cate Blanchett と出てから エーーー(´0`) と。
わかってみれば、確かにねぇ・・・ ポリポリ (・・*)ゞ 迂闊にも程がありますね?w

それ程にメイクが凄かった!? ということでしょうか?(笑)
吹替版では天海祐希姐さんがなさる と仰ってましたので、そちらも気になるところです。^q^

ネタバレでナンなのですが・・・
ソーと共に戦う、アスガルドの三勇士の最期ですけれどねぇ
あまりにも残念過ぎる最期に、少なからぬ衝撃が走りましたわ  まじで。

それ程にヘラの威力が凄かった!?
なにせ “世界を滅ぼすほどの破壊力” と・・・ 知る人ぞ知る?

しかしながら
私的には、恐ろしさよりも、美しさ、カッコ良さに眼が行ってしまいましたわ。  (・・*)ゞ

ともかく、神話的な世界観と、西洋史劇的な展開?は大好物なので、最後まで楽しめました♪

“アベンジャーズ” も嫌いじゃないですけど、
メンバー個々のストーリーを取り上げた本作のような作品の方が馴染める感じで良いかな? と。
・・・思ったのに、これが完結編なんですって! 残念~ orz

クリス・ヘムズワース(ソー) 雷神
トム・ヒドルストン(ロキ) ソーの血縁の無い弟 王子
ケイト・ブランシェット(ヘラ) 死の女神 実は・・・?
イドリス・エルバ(ヘイムダル) 架け橋ビフレストの番人 守護神
ジェフ・ゴールドブラム(グランドマスター) 惑星サカールの独裁者 クレイジーな格闘マニア
テッサ・トンプソン(ヴァルキリー) 元?女戦士 賞金稼ぎ
カール・アーバン(スカージ) アスガルドの戦士 ヘイムダルに代わり架け橋の番人となる
浅野忠信(ホーガン) アスガルドの三勇士=ウォーリャーズ・スリーの一角
レイ・スティーヴンソン(ヴォルスタッグ) アスガルドの三勇士=ウォーリャーズ・スリーの一角
ザカリー・リーヴァイ(ファンドラル) アスガルドの三勇士=ウォーリャーズ・スリーの一角
レイチェル・ハウス(トパーズ) グランドマスターの腹心
タイカ・ワイティティ(コーグ) 惑星サカールの囚人
ベネディクト・カンバーバッチ(ドクター・ストレンジ) 魔術師 元は天才外科医
マーク・ラファロ(ハルク/ブルース・バナー) アベンジャーズで”最もピュア”な怪物 or 博士
アンソニー・ホプキンス(オーディン) ソーの父 アスガルドの王
ルーク・ヘムズワース
サム・ニール?
シャーロット・ニクダオ?
マット・デイモン(クレジットなし)?  ?は・・・ → 劇中劇の役者さん役
スタン・リー(クレジットなし) 床屋
声の出演
クランシー・ブラウン(スルト) アスガルドを滅ぼそうと企む?炎の巨人にして王

監督 タイカ・ワイティティ

nice!(29)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 29

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。