So-net無料ブログ作成

アントマン(ANT-MAN)2015 [あ行の映画]

アントマン.jpg 予告編に魅せられて♪ ^q^

映画史上最小にして、最大のアクション誕生!

身長1.5cmになった男は、
ヒーローになれるのか?


----------------------------------------------------------------------------------------
「アベンジャーズ」シリーズを手がけるマーベル・スタジオが贈る異色のヒーロー・アクション大作。
特殊なスーツによって1.5cmに変身する“最小”ヒーロー、アントマンの活躍を、
虫サイズならではのユニークなスケール感が生み出す迫力のアクションとともにコミカルに描く。
主演は「40男のバージンロード」「40歳からの家族ケーカク」のポール・ラッド。
共演はマイケル・ダグラス、エヴァンジェリン・リリー、マイケル・ペーニャ。
監督は「チアーズ!」「イエスマン “YES”は人生のパスワード」のペイトン・リード。
                     (allcinema より)
----------------------------------------------------------------------------------------

「イエスマン “YES”は人生のパスワード (2008)」は、
ご贔屓 ^q^ ジム・キャリー主演 ・・・ということもありましたが ^^; 
ユニーク且つ Nice♪なユーモアセンスで笑わせてくれた、大好きな映画でした。

その監督さんなら間違いなし!(笑)

ともかく、軽~いノリ も心地良く♪ ^q^ おバカな小ネタで笑いを誘い!?
はたまた、エグイところは、遠慮なくエグイ表現で・・・!? (爆)
さらには、目眩ましのような? 派手ハデなアクションもキレが良くて!

スムーズな流れの中に、メリハリの効いた展開となっておりましたね。 

アントマン1.jpg
              スコット・ラング(ポール・ラッド)

ポール・ラッド お初かな? なんて思ってましたら ^^;
「ウォールフラワー (2012)」の心優しい?先生役と、拙BLOGに書いてありましたっ w
そう言えば、見た顔だな なんて・・・^q^

今回は・・・
どう見ても風采の上がらない人物? ^^; スコットが出所する というところから。

ムショ仲間?があたたかく迎えてくれて♪ ^q^ とりあえず、彼らと共に生活を始めます。

しかし、気になるのは、別れた妻と一緒に暮らす一人娘のキャシーのこと・・・。
折しも、彼女の誕生日ということで、お祝いのパーティが開かれている家を訪ねます。

キャシーは無邪気に再会を喜んでくれますが
別れた妻マギーは同棲中の警察官バクストンと一緒に “けんもほろろ” の対応をっ!?
会いたければ、娘の養育費を払え! ということなのですが・・・。

そんなことで、ムショ仲間のルイスが持ってきた “禁断” ?の仕事に手を染めることに!

それは、ある屋敷に忍び込んで “蔵破り” をしてお宝を頂く♪ というものでしたが・・・

さて・・・?(ニヤリ)

アントマン2.jpg
   ホープ(エヴァンジェリン・リリー) & ハンク・ピム(マイケル・ダグラス)

私めの勝手な憶測でしたが (・・*)ゞ マイケル・ダグラスはお飾り的なご出演かと・・・?
ところが、何とっ キーパーソン!? 驚きのご活躍で嬉しかったりしましたっ ^^;

彼の手になる “特殊スーツ” を巡っての攻防戦 やら
はたまた、愛妻の死亡を期に、一人娘ホープとの間に生じてしまった誤解や齟齬!?

人間的な苦悩も背負いつつ、使命感に燃える科学者をさりげなく演じてNice♪でしたっ

しかーし、娘役のエヴァンジェリン・リリーが、これまた大Nice♪ d(≧∇≦)

父親との確執は一旦胸に仕舞い込み!?
スコットを使いものになるよう?(笑) ビシバシとしごく、トレーナーの役割を果たすのでしたがっ
ともかく、父もたじろぐような?抜群の存在感♪ (≧m≦)ぷっ

official サイトに “知的で気が強く、身体能力も抜群” とあるのですけれども・・・
まさに “姐さん” と呼びたくなるようなカッコよさでしたね~♪ ^q^
(ブルネットのボブスタイルも良くお似合いでした ^^; 金髪のロングヘアも良いですけど・・・)

スコットが特殊スーツを着こなしてから?の目覚ましい活躍は、枚挙にいとまがございませぬが
おバカシーンも織り交ぜつつ!? 飽きさせずに怒涛のクライマックスへと・・・! (^_-)-☆

スコットを取り巻くコミカルな仲間たちも、良いアクセントになっていましたが w
やはり、悪役ダレン・クロスを演じたコリー・ストールのスキンヘッドを誉めるべきでせふ!(笑)

実は、だいぶ前に吹替え版で観てはいたのですが・・・(ホープの声は内田有紀(落ち着いたアルト))
字幕版も観なくては! と・・・    (・・*)ゞ UPが遅くなりました。

初めは 蟻? と、軽く見ていましたが ^q^ とても楽しめる、良くできた作品でしたね。


ポール・ラッド(スコット・ラング) ムショ帰り アントマン?
マイケル・ダグラス(ハンク・ピム) 天才科学者 ピム・テックの創始者
エヴァンジェリン・リリー(ホープ・ヴァン・ダイン) 科学者 ハンクの一人娘
コリー・ストール(ダレン・クロス) 科学者 ハンクの元愛弟子
ボビー・カナヴェイル(パクストン) 警官 キャシー・ラングの内縁の夫?
マイケル・ペーニャ(ルイス) スコットのムショ仲間
ティップ・“T.I.”・ハリス(デイヴ)
ウッド・ハリス(ゲイル)
ジュディ・グリア(マギー・ラング) スコットの元妻
アビー・ライダー・フォートソン(キャシー・ラング) スコットの一人娘
デヴィッド・ダストマルチャン(カート) ハッカー

監督 ペイトン・リード
nice!(37)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 37

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0