So-net無料ブログ作成

エゴン・シーレ 死と乙女(EGON SCHIELE: TOD UND MDCHEN/ EGON SCHIELE: DEATH AND THE MAIDEN) 2016 [あ行の映画]

エゴン・シーレ 死と乙女.jpg 名前の響きに惹かれて?  f^_^;

愛も、命さえも、この絵に捧げて――

製作国 オーストリア/ルクセンブルク

---------------------------------------------------------------------------------------------
20世紀前半のウィーンを舞台に、スキャンダラスな裸体画で時代の寵児となった天才画家エゴン・シーレの
28年という短くも波乱に富んだ生涯を、彼のヌードモデルを務めた女性たちとの関係に焦点を当てて
描き出した伝記ドラマ。
主演はモデル出身で本作が本格映画デビューとなる新人、ノア・ザーヴェトラ。
監督は俳優出身で監督作はこれが日本初紹介となるディーター・ベルナー。
 
1910年。
せっかく合格したウィーン美術アカデミーを早々に退学したシーレは、
16歳の妹ゲルティをモデルにした裸体画で頭角を現わしていく。
そんな中、友人から褐色の肌のヌードモデル、モアを紹介されると、
そのエキゾチックな魅力の虜となり、彼女をモデルに裸体画を製作、一躍脚光を浴びる。
その一方で、モデルの座を奪われたゲルティは嫉妬を募らせていく。
1911年。
尊敬するグスタフ・クリムトのアトリエを訪れたシーレは、そこで赤毛のモデル、ヴァリを紹介される。
やがて2人がノイレングバッハで同棲生活を始めると、ヴァリはシーレの運命のミューズとして、
彼の芸術活動を公私にわたって全身全霊で支えていくのだったが…。 (allcinema より)
---------------------------------------------------------------------------------------------
この人の絵が好き! というわけでもなく・・・(汗)
ただお名前の響きがお洒落っぽく感じたので(爆) 興味を持ちまして・・・。 (・・*)ゞ

たぶんどこかの絵画展で眼にしたことがあるかも? な気はしているのですが
記念に絵葉書でも・・・ ということにはならない画家さんの一人かもしれませぬ?(爆)
(手元に彼の作品の絵ハガキは無いですし・・・ 残念 orz)

そうは言いつつ、不思議と惹かれる作品もあるなぁ と改めて思ったりもしています?(微笑)

さて、肝心の本作ですが・・・ w

冒頭は・・・(証券類を焼き払う夫にすがる妻、唖然とする子供たちの顔のフラッシュ!?)

1918年、第一次世界大戦 終結前夜のウィーン・・・
エゴンの妹ゲルティは、配給された石炭を大量に持参し、一家をあげて兄を見舞う。

エゴンは、妻エディットの枕元に居たが、彼自身も高熱で弱っていた!?
手には、病床の妻の顔が描かれたスケッチブック・・・。

その後、エディットは天に召されて行くのだが・・・

さて・・・?

ストーリーは、一気に遡り・・・1910年のウィーン
アトリエには精力的に作品に取り組もうとするエゴン・シーレの姿があり・・・
大鏡の前でポーズする妹ゲルティの、若々しい健康的な裸体に更に細かなポーズを要求する!?

思わず目を奪われた! ってな感じなのでしたがっ (汗)
ここで、エゴン・シーレは小児性愛の傾向がある? 等と思うのは早計かな?(爆)

しかし、それを感じさせるような女優さんなんですね ^^; マレジ・リークナー  
お初の女優さん。 (思えば、すべてがお初でしたがっ  (・・*)ゞ)

童顔と言うのか? 愛くるしい顔立ちで・・・ 
ま、幼児体型とまでは申しませぬが、セクシーさ等 微塵もナシというような・・・? ^q^ 

彼女の演じるゲルティの存在は、終始 作品の均衡を保っていたように思われました。
(ゲルティの回想で物語は進みます)

エゴンは、“プラター” という如何わしき?劇場に出ているエキゾチックな褐色の女優?
“タヒチの部族長の娘” という触れ込みの? “アーティスト” モア・ナイミュールに心惹かれ、
モデルを所望。(モアも初対面のエゴンに惹かれた? ^q^)

その後、
モルダウ河畔のクルマウという街で友人たちと “芸術コロニー” と称して合宿生活を送るのだが
その中にモアも入り、楽しくやっているうちに、やがて自堕落な方向へ・・・!? w

この時、ゲルティは兄の友人アントンと結ばれることになるのだが・・・。

兄のモデルの座は、“モデル料は高いのよ”  という、自由奔放なモアに取られるし
アントンとの仲も、エゴンの激しい怒りに触れてしまい・・・兄妹の間はギクシャクしたものに・・・!?
(後に、ゲルティはアントンと結婚式を挙げるのだが、エゴンは不服そう!? w)

エゴンは、ウィーンを離れ、ノイレングバッハの一軒家に一人で住みながら、創作を続ける。

かねてより尊敬しているグスタフ・クリムトのアトリエを訪れた時、エゴンは・・・
丁度帰ろうとしていたモデルのヴァリ・ノイツェルを一目見て、心惹かれてしまう。

察したクリムトは、エゴンに内密に “モデル料先払い” の器量を見せて、ヴァリを差し向けるのだった。

ヴァリが、ウィーンから通うのは大変・・・ と言い出して、二人は早々に同棲を・・・。
そんなある日、裁判所から召喚状が届く!?

カール・ライニングハウスというパトロンが居て、エゴンは大いに頼りにしていたが・・・
それも順調にやっている時だけ・・・!?
ひとたび裁判沙汰になろうものなら、スーッと引いて仕舞い、素気ない。
(この “少女” がらみの裁判 ではエゴンは不起訴になるのだが・・・)

なにはともあれ、
エゴン・シーレとヴァリのシーンは、濃密な時間が流れているのが伝わり、惹き込まれましたね。

エゴンを演じたノア・ザーヴェトラは、モデル出身というだけあって、どの角度からも美しく・・・
死の床に在っても美形なのでした。^^;

“運命のミューズ” というヴァリ役のヴァレリー・パフナーは、ユニークな個性で存在感を感じました。
見るからに美人!? というわけではないですが(爆) 独特な表情が魅力的でしたね。


運命的な出会いだったのに、何故結ばれなかったのか?!
やはりポイントは “財力” ? ^^;
エゴンの心変わりが、何とも唐突に思えて、度量の小ささを感じてしまったのですが・・・?(爆)

モデルから従軍看護婦となり、活き活きと働くヴァリの姿は、佳き “見納め” となりました。
「死と乙女」の意味が良くわからなかったのですが、あ~ 成程と納得?^^;

とても刺激的な作品で、予想外に楽しめましたね♪ (^_-)-☆

ノア・ザーヴェトラ(エゴン・シーレ)
マレジ・リークナー(ゲルティ・シーレ) エゴンの妹
ヴァレリー・パフナー(ヴァリ・ノイツェル) モデル
ラリッサ・アイミー・ブライトバッフ(モア・マンドゥ) 褐色の肌の女優
マリー・ユンク(エディット・ハルムス) エゴンの妻
エリザベト・ウムラウフト(アデーレ・ハルムス) エディットの姉
トーマス・シューベルト(アントン・ペシュカ) ゲルティと結婚
ダニエル・シュトレーサー(ドム・オーゼン)
コルネリオス・オボニャ(グスタフ・クリムト)

監督 ディーター・ベルナー

nice!(28)  コメント(0) 

nice! 28

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。