So-net無料ブログ作成

エタニティ 永遠の花たちへ(ETERNITE/ ETERNITY) 2016 [あ行の映画]

エタニティ 永遠の花たちへ.jpg ベレニス・ベジョ狙い・・・ (^_^;

生まれて、会って、愛して、別れて――
すべて、あなたへと続く人生の美しい瞬間。

製作国 フランス/ベルギー

---------------------------------------------------------------------------------------------
「青いパパイヤの香り」「ノルウェイの森」のトラン・アン・ユン監督がアリス・フェルネのベストセラー小説を原作に、
19世紀末のフランス上流階級の数世代にわたる愛と哀しみの人生を静かに見つめたドラマ。
主演は「アメリ」のオドレイ・トトゥ、
共演に「イングロリアス・バスターズ」のメラニー・ロラン、
「アーティスト」のベレニス・ベジョ。

19世紀末のフランス。
美しい花と緑に囲まれた大きな邸宅に生まれ育った17歳のヴァランティーヌは、
親が決めたジュールとの婚約を自分の意志で解消してしまう。
ところが、それでも諦めないジュールに心動かされ、改めて結婚を決意する。
6人の子どもたちにも恵まれ、幸せな人生を送っていくが、
生まれて間もない赤ん坊が亡くなったのをきっかけに、立て続けに不幸に見舞われていく。
悲しみに暮れるヴァランティーヌだったが、息子のアンリが幼なじみのマチルドとの結婚を決め、
やがて初めての孫が生まれると元気を取り戻していく。
一方、マチルドと姉妹同然に育った従姉妹のガブリエルも夫のシャルルとともに同じ建物に住み、
互いに交流を深めていく中で、再び戻ってきた大家族のような賑やかさが
ヴァランティーヌに喜びを与えていくのだったが…。   (allcinema より)
---------------------------------------------------------------------------------------------
華やか且つ実力派の女優さんたちに大いに惹かれ、楽しみに拝見したのは良かったのですが・・・
う~むむむ (¬、¬;
レビューはどうなる? と考えた時に、ハタと手が止まってしまいましたっ
まぁ・・・ いいな♪ と思いながらも、あまりピンと来なかった部類の作品だったのかも・・・?(爆)
(殺伐とした内容の作品観過ぎ? ポリポリ (・・*)ゞ 例によって遅いUPの言い訳でございます。w)

冒頭から圧倒されてしまうのが、明るい色彩とゴージャス感でしょうか?
(それと美しい旋律の音楽も・・・!)

“若く美しい” ヴァランティーヌ(オドレイ・トトゥ)が、中心におりまして・・・
問わず語り?的ナレーション(設定は第三者?)で、ストーリーが進行して参ります。

愛あるところに繁栄あり!? ^^; 
ディテールに至るまで丁寧に作り込まれた、流麗なドラマだと思いましたけれども・・・。

“生活感” を微塵も感じさせない? ブルジョワの暮らしの中で・・・

新たなる命の誕生の歓びや、思いがけぬ哀しい別れの数々!?
尼僧となるため家を出る娘との切ない別れや
子の結婚で増える家族と・・・ 再び訪れる “誕生の歓び” etc etc etc

出てくる子供たちの可愛く美しいこと♪  すべてが素敵♪ の中・・・

二人目の美女・・・
ヴァランティーヌ(オドレイ・トトゥ) の嫁となるマチルド(メラニー・ロラン)は、美しくも壮絶でした!?
女の執念とか、意地とかを体現している人のようでしたね。(ネタバレ? w)

マチルドは、初恋の相手?幼馴染みのアンリと結ばれ、10人の子をもうける。

三人目の美女・・・
マチルドの従姉妹にして親友のガブリエル(ベレニス・ベジョ)の場合は違った・・・!?
親同士が決めた相手シャルルと結婚することになるのだが・・・。

新婚初夜に何も起こらず・・・  どうにも気まずい朝を迎えることに・・・!?

しかし、誠実なシャルルは正直に、率直に・・・
“まだ愛していないが、愛は学ぶものであり、君を愛し続けると約束する” (official websiteより)

流れ落ちる滝の真裏の、まばゆい光の中で・・・
シャルルとガブリエルは、信頼し合い、互いに愛を育んでいくことを確かめ合うのでした。

しかし、これで終わらないところが本作の特徴でしょうか?(微笑)
もう一波乱、二波乱?程ありまして・・・(汗)

結果的には? “愛あるところに繁栄あり”  (因みにこれは私めの思い付きの作文です(爆))

色々有ったけど、収まるところに収まったね・・・的な、ハッピー・エンディング♪ ^q^
美しく老いた?ヴァランティーヌを囲むように、大家族が集う♪

ここに “波瀾万丈” なんて言葉を使うのは無粋かな? なんてちょっと思いました。 ^^;

オドレイ・トトゥ(ヴァランティーヌ)
メラニー・ロラン(マチルド)
ベレニス・ベジョ(ガブリエル)
ジェレミー・レニエ(アンリ)
ピエール・ドゥラドンシャン(シャルル)

監督 トラン・アン・ユン

nice!(22)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 22

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。