So-net無料ブログ作成

ローガン・ラッキー(LOGAN LUCKY) 2017 [ら行の映画]

ローガン・ラッキー.jpg 渋い面子で上出来な話♪ (^m^)  

悪運も
実力のうち!?

ジャンル サスペンス/コメディ/犯罪

---------------------------------------------------------------------------------------------
「オーシャンズ11」シリーズのスティーヴン・ソダーバーグ監督が
チャニング・テイタムとアダム・ドライヴァーを主演に迎えて贈るクライム・コメディ。
NASCARのビッグ・イベントでの一攫千金を企むローガン一家が繰り広げる
破天荒な強盗計画の行方をコミカルに描く。
共演はライリー・キーオ、セス・マクファーレン、ケイティ・ホームズ、キャサリン・ウォーターストン、
ヒラリー・スワンク、ダニエル・クレイグ。         (allcinema より)
---------------------------------------------------------------------------------------------
冒頭、音楽が流れるのです。
へぇぇ 良い声じゃない♪  なんて思ってましたら、それが ジョン・デンバー (大汗)
名前は知っていましたが・・・ 顔も知らないし、代表曲も浮かばない という音楽音痴な私め・・・  (・・*)ゞ
遅蒔きながら、今回改めて、その魅力と愛されている訳が少し理解できたような気が致します。w

そんな音楽がしっくりとくる地方で生活する “運の悪い” 兄弟が巻き起こした事件なのですが・・・。

これが、ドヨーンとした空気感から、淡々とテンポ良く展開して行き・・・
最後には何とも愉しいラストが待っている! と言った爽快なストーリーに仕上がっていましたっ

何気ない伏線が随所に張られていて、それがNice♪なタイミングで回収され!?
しかも、オマケまで付いてくる・・・(^m^) という心憎いばかりのサービス精神♪ (微笑)

ちょいと残念な?兄弟とスピード狂?の妹・・・
そこに刑期満了まで5ヶ月という “爆破のプロ” で変人の? ジョー・バング&兄弟が加わり!
可笑しくもスリリングな展開に、目が釘付け状態になってしまいましたっ w

兄ジミー・ローガン(チャニング・テイタム)は高校時代はアメフトで鳴らすも怪我で挫折!?
今は炭鉱夫として働く身・・・
ところが、ある時、歩行に難がある?ことを理由にクビにされてしまう。

彼の元妻(ケイティ・ホームズ)は小さな一人娘を連れて、すでに再婚していたが、夫は勝ち組?
ジミーは娘に定期的に会うことは許されていたが、元妻一家は夫の仕事の関係で転居を予定していた!?

弟クライド・ローガン(アダム・ドライヴァー)は、イラク戦争で2度戦地へ赴き左手を失くし・・・
今は義手を装着して、バーテンダーとして働いているのだが、表情はいつも冴えない・・・!? w

妹のメリー・ローガン(ライリー・キーオ)はクルマ好きな美容師で・・・
兄ジミーの一人娘が舞台で歌うという時には、メイク等お世話係として出張する程・・・!
(この歌のシーンは感涙ものでした! えっ こんなところでマサカの涙?(/_;) 的な?)

このローガン一家・・・
兄のジミーが職場で眼にしたある光景から一計を案じ、それを実行に移す・・・

と言う筋書きですが・・・
どうみてもウダツの上がらない兄弟が、トンチンカンな事をやりそうな風情で事を運ぶので?w
囚人のジョー・バング(ダニエル・クレイグ)の弁じゃありませぬが “噂通りの幼稚さ” に見えるのです!
ところが、これが見事な連係プレーで、どうにかなっちゃう♪ 

その後、明らかにされる諸々の暴露話!?

おとぼけの態を装いつつ・・・の、なかなか奥深い内容に、う~ん (¬、¬; と唸ってしまいました。

女優陣もバラエティに富んでいて? ^q^ とても楽しめましたね♪

移動車で働く医師?としてジミーと再会することになるキャサリン・ウォーターストンは
「エイリアン:コヴェナント (2017)」「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 (2016)」で観ていますが
出番は少なくても、本作の方がより魅力的で、大人の女性として素の美しさが出ていたように思います。

残念ながら、メリー役のライリー・キーオは、どういうわけか印象薄だったような・・・?(汗)
(祖父は偉大な歌手エルヴィス・プレスリー  official websiteより)

その点、印象強烈なのはFBI捜査官の役で颯爽と登場のヒラリー・スワンクでしたね~ ^q^
執念深い強硬派なのかな? と思わせる存在感が凄い! と、10年ぶりに見て改めて思いましたっ w
あまりにもカッコ良くお出ましになったので、ここは舞台かな?と勘違いしそうでした。(ウ^_^ソ)

ダニエル・クレイグのキレ具合も様になっていて、面白く拝見しましたけれどっ
やはり何と言っても一番の魅力は、“不運兄弟” の佇まいでしょうね~(微笑)

最後の最後がまたウケる~ぅ (≧m≦)ぷっ

チャニング・テイタム(ジミー・ローガン)
アダム・ドライヴァー(クライド・ローガン)
ライリー・キーオ(メリー・ローガン)
セス・マクファーレン
ケイティ・ホームズ ジミーの元妻
キャサリン・ウォーターストン
ヒラリー・スワンク(サラ・グレイソン)
ダニエル・クレイグ(ジョー・バング)

監督 スティーヴン・ソダーバーグ

nice!(25)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 25

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。