So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ちのわ(茅の輪) [駄句 夏]

潮風の茅の輪の列に老教師     Labyrinth
(しおかぜのちのわのれつにろうきょうし)


副季語に  菅貫(すがぬき)  菅抜


夏越の祓いの呪法である。
茅(かや)または藁を紙でつかね、輪形を作り、神社の鳥居・拝殿・神橋のはしづめなどに設け、
まず宮司がくぐり、のちに一般参詣者をくぐらせ、災厄をはらう。
京都祇園社の蘇民将来の故事からきた習俗だという。

nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 30

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。