So-net無料ブログ作成

エージェント・ウルトラ(AMERICAN ULTRA) 2015 [あ行の映画]

AMERICAN ULTRA.jpg クリステン・スチュワート 超が付く程の?汚れ役 w

最強のダメ男が世界を救う!
まさかのプロポーズ!

ジャンル アクション/コメディ
映倫 R15+

----------------------------------------------------------------------------------------------
「アドベンチャーランドへようこそ」のジェシー・アイゼンバーグ&クリステン・スチュワートの再共演で贈る
ハードバイオレンス・アクション・コメディ。
冴えないダメ男が、封印されたCIAの極秘プロジェクトで養成された最強エージェントだったことから
巻き起こる大騒動を描く。
監督は「プロジェクト X」のニマ・ヌリザデ。          (allcinema より)
----------------------------------------------------------------------------------------------
冒頭は、大鏡が設置された取調室にて・・・
手枷足枷の男が病的な風情で、眼つきも鋭く、イラつきながら、担当の係官の質問に応える所から。
男は記憶を辿り、3日前に遡る・・・。

ウエストバージニア州リマンの自宅で、恋人フィービーと “ヤクまみれ” ?の甘い生活を送る男は
“この幸せが永遠に続くように” 指輪を用意し、サプライズの為のハワイ旅行を計画していた。

その日、フィービー(クリステン・スチュワート)は空港で待ちぼうけを食わされたが・・・
当のマイク(ジェシー・アイゼンバーグ)はパニック発作に襲われ!? “個室” で自滅中だった。

マイクの “ドラッグ漬け” や “パニック障害持ち” は地元の保安官も承知のことだった!? w
マイクは、コンビニの店員をしながら、暇を見つけてはノートに漫画を描き溜めるのが趣味・・・?

そんな折、バージニア州ラングレーのCIA本部では・・・
閑職に追いやられた?ヴィクトリア・ラセター(コニー・ブリットン)のデスクの “秘密電話” が鳴る! 

「ウルトラ計画 “タフガイ” 始動! 標的は “ワイズマン(マイク・ハウエル)” 24時間以内に抹殺される 」

ラセターは、“そんなぁ? 保護する約束でしょ?” と反論するがっ
“親切心で教えたんだ 手出しはするなよ” と電話は切れる。

クルマのボンネットに寝転びながら、フィービーに “サルのアポロの冒険譚” を語るマイク・・・。

フィービーは面白がり、是非文字に起こすべき! と、後押しするように優しい言葉を掛けるのだが
マイクは何を思ったか? 遠方の夜の闇に浮かぶ “自動車事故現場” を例に取り上げ・・・

カッコ良く走っていたクルマはフィービーで、それを止めてしまった “木” は僕だね ゴメン・・・
と、気弱に言って涙ぐむと・・・ フィービーもつい貰い泣きを!(可愛い “バカップル” ? w)

次の日の夜、
いつものように店番をするマイクに話し掛けてきた、サングラスの怪しげな女はラセターだった。

一応買い物をする態でレジに進んだのだったが・・・
“戦車は進む・・・ 聞いて マンデルブロ集合が動く・・・” と、呪文のような謎の言葉を繰り返す!?
きょと~ん? なマイクに、ラセターは “努力はしたわよ” と、諦め顔で去って行くのだった。

その後、マイクがふと窓外に目をやるとっ
駐車場にポツンと止めてある自分のクルマに人影がチラつくのを発見!?
不審に思って声掛けしてみると・・・ 男が二人、突如としてマイクに襲い掛かって来た!

しかし、何かのスイッチが入った?マイクはっ
手にしていたカップヌードルとスプーンを効果的に使い! 男たちに対処!?
結果、二人とも銃で撃ち、トドメを刺してしまうのだった!

自分の仕出かしたことに驚愕するマイク・・・。
ビビるマイクは仕事中のフィービーを電話で呼び出す。
(因みにフィービーの仕事は、24時間営業の “Bail Bonds” → 保釈保障業者)

フィービーに現場を見て貰って “言い訳” していたところへ、保安官が駆け付けてきた!
二人はそのまま拘留されてしまう・・・。

さて・・・?

“映倫 R15+” の通り? ^^; 半端なく血みどろな映画なのですが・・・ (苦笑)
私的には? とても面白く観てしまいました。(毎度のことかも? w)

初見の時に感じたジェシー・アイゼンバーグの “違和感” は、もう慣れてしまったのか?(汗)
親しみさえ感じるようになっていることに、我ながら驚いておりまする・・・ (・・*)ゞ

今回は、周りから “しょーも無いやつ” と思われている男が実はっ という意外性が面白く!
とりあえず手に触れたものを武器にしちゃう!? という “意外性” も大いにウケました♪ ^q^

全体的に粗削りな印象も否めませぬが?
好きなモノを全部詰め込む!的な作り方はとても楽しくて♪ 笑えましたね ^q^

出てくる人物が皆 ヘンテコなところも良い感じでした?(爆)

ワル役のイェーツ(トファー・グレイス)もイカレ具合がnice!でしたけれど・・・
女優好きな?私的には (・・*)ゞ ラセターのコニー・ブリットンが良かったですね~ w
(化粧崩れしたままの?自然体な感じが好感持てました・・・w)

もちろん、クリステン・スチュワートの存在(役柄としても!)は大きいですが
今回はわきまえて? 脇に徹している風情で? ますます素敵に感じられましたね♪

お初のニマ・ヌリザデ監督・・・
癖が強い! けど、嫌いじゃないな~ と。 ポリポリ (・・*)ゞ
(万人ウケするものではございませぬ! キッパリ!w)

チャプター(後々のために? ^^;)
1.プロポーズ失敗
2.“ワイズマン” 殺害計画
3.覚醒
4.警察署襲撃
5.どこへ逃げる?
6.非常事態
7.フィービーの嘘
8.爆撃命令
9.フライパンの使い方
10.決戦はホームセンター
11.誓いの宣言
12.エンディング(前半はアニメ)

ジェシー・アイゼンバーグ(マイク・ハウエル) コンビニ店員
クリステン・スチュワート(フィービー・ラーソン) 保釈保障業者?
トファー・グレイス(エイドリアン・イェーツ) CIA職員 
コニー・ブリットン(ヴィクトリア・ラセター) CIA職員
ウォルトン・ゴギンズ(ラファ) イカレタ?CIA工作員? “タフガイ” の一員?
ジョン・レグイザモ(ローズ) 麻薬の売人?
ビル・プルマン(クルーガー)  CIA幹部?
トニー・ヘイル(ダグラス) ラセターの元部下
スチュアート・グリアー(ワッツ) 保安官
モニーク・ガンダートン(クレイン) CIA工作員? “タフガイ” の一員?
マイケル・パパジョン(オーティス) イェーツの部下

監督・脚本 ニマ・ヌリザデ

nice!(24)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

nice! 24

コメント 2

末尾ルコ(アルベール)

この作品は鑑賞しております。もっとおもしろくなってもいいかなという気もしましたが、愉しめました。
クリステン・スチュワートと直接関係はないのですが、『ほぼトワイライト』というパロディ映画がありまして、すごく気に入っております。クリステン役(笑)の女優が本人をグッと小さくした感じの人で、それだけでもわたしにはバカ受けでした。 RUKO
by 末尾ルコ(アルベール) (2018-07-17 02:06) 

Labyrinth

末尾ルコ(アルベール) さん (^_^)ノ
スマートさがナイと言うのか? ^^; 垢抜けしてないところが良さでしょうかね? w
賛否のご意見が両極端だったので、どうかな~?と思いましたが、楽しんでしまいましたっ ^^;
「ほぼ・・・」 ですか~ ^q^ タイトルからして楽しそうですね♪ 〆(._.)メモメモ
いつも、ありがとうございます!
by Labyrinth (2018-07-17 23:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。