So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

君の名前で僕を呼んで(CALL ME BY YOUR NAME) 2017 [か行の映画]

CALL ME BY YOUR NAME.jpg タイトルで?(・_・?) ハテ? で、結果は?ww

何ひとつ忘れない。

----------------------------------------------------------------------------------------------
アンドレ・アシマンの同名小説を「日の名残り」「モーリス」の名匠ジェームズ・アイヴォリー監督が脚色し、
「ミラノ、愛に生きる」「胸騒ぎのシチリア」のルカ・グァダニーノ監督で映画化した青春ラブ・ストーリー。
北イタリアの避暑地を舞台に、17歳の男子高校生がアメリカからやって来た24歳の青年相手に
生涯忘れることのできない情熱的な恋に落ちていく瑞々しくも切ないひと夏の出来事を、
郷愁溢れる筆致で美しく繊細に綴っていく。
主演は本作の演技でみごとアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた新星ティモシー・シャラメと
「ソーシャル・ネットワーク」「J・エドガー」のアーミー・ハマー。
共演にマイケル・スタールバーグ、アミラ・カサール。    (allcinema より)
----------------------------------------------------------------------------------------------
オープニングクレジットの背景には古の?レリーフや彫像等が映り込み
温暖な地中海をイメージさせるかのようなスタートで、気分も高揚しました♪ ^q^

1983年、北イタリア。
風光明媚な場所に建つ趣のあるヴィラ。

毎年、両親とともにやってきては、夏休みとクリスマス休暇を過ごすのだが・・・
17歳のエリオ(ティモシー・シャラメ)は今夏もすでに使用人や遊び仲間と馴染んでいた!?

そんなある日、
恒例となった?
大学教授である父が夏の時期に招くインターン・・・ 今年はどんな人か?
皆が興味津々で居たところ・・・ やってきたのはっ
24歳のアメリカ人大学院生、長身のナイスガイ オリヴァー(アーミー・ハマー)だった。

オリヴァーの為に自室を譲り、バスルーム共用の隣室へ移るエリオ。
オリヴァーは長旅の疲れか? エリオのベッドに倒れ込み即爆睡!の豪快さを見せた!?w

夜は夜で、ダンスパーティに行けば、エリオの女友達と親密に踊りまくるオリヴァー。

エリオは彼に反発を覚えながらも、好奇心も打ち消せず!?
徐々に “気になる存在” の比重が増していくのを感じるのだった!?

さて・・・?

大人の男と男子高校生との間に芽生えた “恋” が、淡々とした流れの中に描かれていくわけですが・・・
この手のものは “ピンと来ない よくわからない” という、いつもの?感想になるのかと思いきや?(汗)
“人を恋うる気持ちは尊い” という、ごく自然なもので、自分でも意外でした?(微笑)

美しい景色の中、美男揃いということもあり、そんな点も影響したのかな? ナンチテ (・・*)ゞ

しかし、“じらされた” という思いと共に、“あらま お上品!” という 一種のはぐらかされた感?(爆)
(何を期待していたんだか? 自分・・・ (・・*)ゞ 直近に観た “モーリス4k” の影響かも?w)

そして、どこか粗削りな?こなれていないものを感じて・・・
耽美的な雰囲気で行くのかな?と勝手に思っていた私めは、いまいちな思いも・・・? ^^;

いずれにしましても、これはティモシー・シャラメが居ればこそ! の映画。
アーミー・ハマーに抱かれる?彼の姿は、いかようにも捉えることが出来?(わかるかなぁ?(汗))
そこが “魅惑” となってりおりましたね~ ^^;

アーミー・ハマーと言えば、ぬ~っとした巨漢!? (汗)
そんな印象しかないのかな? と思ってましたら(爆) 中盤過ぎてから・・・
エリオと心の絆を強める告白のシーンで、ドUPになり、しみじみと良い演技を見せてましたね。
(この辺りは、切なさに思わず共感!? ^^;)

ところでっ
エリオの父、考古学者のパールマン教授を演じたマイケル・スタールバーグですが
今ざっと見てみて・・・最近のご出演作はほぼ鑑賞済みと言うのが分かり、驚愕の私めでした・・・(・・*)ゞ
まったく印象になし・・・ orz (申し訳ないことですが・・・w)
今回は、話の分かる?息子思いの甘めな父親を好演。

また、エリオの美人ママのアネラ役 アミラ・カサールですけれども
朗らかな笑い声のみ印象的? しかしお顔が判然とせんなぁ? なんて思ってましたらっ なんと!?

僕とカミンスキーの旅 (2015)」でシッカリと観ていましたね~ 自分・・・ (・・*)ゞ
(↑ こちらでも、エキゾチックでCool な美人さんでした ^^;  顔は覚えられないにしても? w)

あとは、エリオのガールフレンドたちですが・・・
やはり美少年を前に、霞んでしまった感がありますかね~?   損な役回りだったか・・・(汗)

・・・というわけで ^^;
ピンと来なくても、グッとこなくても?(笑)
けなすことの出来ない理由がありまして・・・ (・・*)ゞ
字幕翻訳を手掛けられたのは松浦美奈さんなのでした。 久々で超嬉し♪ (笑)
(そう言えば、普通に各国語が飛び交っていたような・・・^q^)

それを知った途端、エンディングのティモシー・シャラメの長回しが妙に貴重なものに思えたり・・・(笑)


アーミー・ハマー(オリヴァー)
ティモシー・シャラメ(エリオ)
マイケル・スタールバーグ(パールマン教授)
アミラ・カサール(アネラ)
エステール・ガレル(マルシア)
ヴィクトワール・デュボワ(キアラ)

原作 アンドレ・アシマン 『君の名前で僕を呼んで』(オークラ出版刊)
脚本・製作 ジェームズ・アイヴォリー
監督・製作 ルカ・グァダニーノ 

nice!(28)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 28

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。