So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

私の愛情の対象(THE OBJECT OF MY AFFECTION) 1998 [わ行の映画]

私の愛情の対象.jpg ジェニファーと言うより・・・ 今やポール・ラッド目当てか? ww

最高の恋のお相手は、意外な人。

----------------------------------------------------------------------------------------------
NYでソーシャル・ワーカーをするニーナは、弁護士の恋人と交際中。だが、妊娠に気づいた彼女は、
ゲイのルームメイト、ジョージに子育てのパートナーになってほしいと頼む。
その申し出を快く引き受けたジョージとニーナは、セックスぬきの愛情関係を築くが、
ジョージにゲイの恋人ができたと知って、ニーナの心中はおだやかでなくなる。
ジョージを男性として愛してしまったニーナは、「男でなく私を選んで! 人生の伴侶はひとりよ」と、
彼に決断を迫るのだが……。                (allcinema より)
----------------------------------------------------------------------------------------------
「アントマン&ワスプ (2018)」公開を受けて、タイムリーにTV放映されると知り、録画しました。(^_^)y

ポール・ラッドと言うと、私的には “印象薄い” タイプかも?(汗)
「サイダーハウス・ルール (1999)」「40歳の童貞男 (2005)」「ナイト ミュージアム (2006)」
そして「ウォールフラワー (2012)」で好印象を受け!? 「アントマン (2015)」と続くのですけれどっ

もちろん “アントマン” は出世役?(← こんな単語はあるのでせふか??(・_・?) ハテ?)
アントマンとして何本かご出演されていますが、主演作?は、ど~ゆ~わけか未公開が多いようです?
(・・・う~むむむ興味は惹かれますが、観るかどうかは未定です (・・*)ゞ 女優推しなもので・・・w)

片や、ジェニファー・アニストンですが・・・  この方も “印象薄い” 方だったかも~ (・・*)ゞ
ブルース・オールマイティ (2003)」はウチに有るのに、今の今までご出演を知らなかった!?(爆)
最近では?「マイ・ファニー・レディ (2014)」を劇場鑑賞したのに・・・ 同じく! (汗)

唯一、彼女イイじゃない♪ と思ったのが、たまたま録画した「なんちゃって家族 (2013)」でしたっ w
(シリーズもののドラマとか見ない人間なので、人気の程を存じませぬ・・・ orz)

「なんちゃって・・・」のストリッパー役は、思いっきりの良さとか、行動すべてカッコ良くて素敵でしたが・・・
本作は、その15年ほど前の、20代の頃の彼女が、“女盛り” のソーシャル・ワーカーを演じています。

冒頭は・・・
同棲していたゲイの恋人に突然振られ!? 追い出されてしまったジョージ(ポール・ラッド)・・・
彼は小学校の教師で、根っからの子ども好き!?

あるパーティで、ソーシャルワーカーのニーナ(ジェニファー・アニストン)を紹介されたジョージは・・・
ひょんなことから彼女のアパートに転がり込むことに!

ニーナには、ヴィンスという弁護士の恋人が居て、幸せなはずなのに?
内心は、満たされていなかった!?(¬、¬;

ジョージと暮らし始めると、彼に誘われてダンスに興じたりして♪ 毎日が楽しく充実したものに・・・!?
恋人のヴィンスに知れても、何も疑われることの無いオープンな関係? w

そんなある日、ニーナは妊娠したことを知る!
ニーナは、ジョージに
“彼と結婚する気はない・・・ 一人で子育てするつもり・・・ 手伝って! ” と言うのだが・・・

妊娠を知ったヴィンスは父になれる事を喜び、強引にニーナを自宅に連れ帰ってしまうのだった。

それが当然の成り行きだと思っていたジョージだが・・・
ある日偶然、ニーナと邂逅した時、“満たされていない” 彼女を見ると、考えが変わった!?

二人はまた一緒に暮らし始め、子育てはジョージが引き受けると約束するのだが・・・

さて・・・?

これまで “LGBT” はよくわからない と書いてきましたが
今回は、何だかとても分かり易いな と感じました。(巧く説明は出来ませぬが・・・ (・・*)ゞ)
ん? やっぱりよくわかって居ない・・・?(爆)

でも、映画自体、とても好ましく思い、終始心地良くいられましたね♪

主役の二人が良い感じでしたし・・・
二人を取り囲む人々の在りようも自然で素敵でした。
アリソン・ジャネイは、印象強烈でしたが (汗) 場が引き締まる感じで良かったのかも?w

ジェニファー・アニストンの台詞に何度か
「私の話、身を入れて聞いてくれるから、あなたゲイね」
というような感じのが出て来まして、笑っちゃいましたが、真理!?(微笑)

女と男の友情はアリなのか? どうよ?
う~むむむ やはり無理かぁ (´0`)

・・・と思いきや
ラストで、一気に “大団円”  ^^;

出来過ぎかな~ と思わぬでもなかったですが、嫌いじゃない幕切れに満足してます。w
やはり、“こども” は大事! 皆で成長を見守ろう! フフフ

ジェニファー・アニストン(ニーナ・ボロウスキー )
ポール・ラッド(ジョージ・ハンソン)
アラン・アルダ(シドニー・ミラー)
ナイジェル・ホーソーン(ロドニー・フレイザー)
ジョン・パンコウ(ヴィンス・マクブライド)
ティム・デイリー(ロバート・ジョリー)
アリソン・ジャネイ(コンスタンス・ミラー)
アモ・グリネロ(ポール・ジェームズ)
リーアム・エイケン(ネイサン )
ヘイデン・パネッティーア
カリ・ローシャ(メリッサ・マークス)

監督 ニコラス・ハイトナー

nice!(31)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 31

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。