So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

プーと大人になった僕(CHRISTOPHER ROBIN) 2018 [は行の映画]

プーと大人になった僕.jpg プーさん 実はよく知りませんでしたが・・・ (・・*)ゞ

親友のプーがロンドンにやってきた
僕が忘れた「大切なモノ」を届けるために――

--------------------------------------------------------------------------------------------
世界中で愛され続けるA・A・ミルンの児童文学『くまのプーさん』に登場するプーさんの大親友
クリストファー・ロビンのその後を映画化したファンタジー・ドラマ。
大人になり仕事に追われるクリストファー・ロビンが、プーさんや森の仲間たちと奇跡の再会を
果たしたことで、忘れていた大切な何かを思い出していく姿を描く。
主演はユアン・マクレガー、共演にヘイリー・アトウェル、ブロンテ・カーマイケル。
監督は「ネバーランド」のマーク・フォースター。       (allcinema より)
--------------------------------------------------------------------------------------------
なんとっ スタートが遅過ぎたのか?字幕版を選べませんでした~   残念!

そして、内容はとても気に入ったのに・・・
吹替の声優に違和感を覚え!? 少々ゲンナリ・・・ (ウ^_^ソ)?  まじ!

いやーともかく、クリストファー・ロビンが、一本調子で、しかもクセのある台詞回しだなんて・・・ orz
予想もしませんでしたし、おまけに途中で声の主のお顔が浮かんできてしまって困りましたっ(爆)

吹替を担当した方には申し訳ありませぬが、ユアン・マクレガーの声が良かったな~ としみじみ・・・。
(吹替版て、こーゆーことがたまにありますね~ それと真逆に、謎の声の主に魅了されることも♪)

と、頭から何時になく毒気?を帯びた発言でナンでしたが・・・ (・・*)ゞ
実は、冒頭から何故か?熱いものがこみ上げてきまして!?  自分でも吃驚なのでしたっ(汗)

べたですが? ^^; ノスタルジーというのでしょうかね?
古い時代のものにほのぼのとしたものを感じると、つい・・・ というやつです?(チョイト大げさ?w)

それに、プーさんはお馴染みのようでいて、案外その正体を知らないことが判明!?(爆)
(本は読んだかも? と思いつつも、好みじゃなかったのか?^^; 詳細は今回初耳! 的な?(汗))

原作通りなのかどうかもわかりませぬが、ともかく、とても良い滑り出しでした。

少年クリストファー・ロビンは“100エーカーの森” で親友のプーやその仲間たちと楽しく遊び♪
満たされた日々を送っていたが、やがて父の意向で? ロンドンの寄宿学校へ転校することに!
“きみのことは絶対に忘れない” と固く誓って! プーとの別れをグッと耐えるのだった。

月日は流れ・・・
勉学の合間の戦争で苦難も味わったが、素敵な恋人イヴリンとも出会うことができた。

大人になったクリストファー・ロビン(ユアン・マクレガー)は
妻のイヴリン(ヘイリー・アトウェル)と一人娘のマデリン(ブロンテ・カーマイケル)と共にロンドン暮らし。
会社では、中間管理職? としての悲哀を味わっていた!?

上司のジャイルズ・ウィンズロウ(マーク・ゲイティス)から “鞄部門” の経費削減を迫られていた。
もし成果を上げられないようなら、古参?社員の首切りも! と難儀なことを託されており・・・
今週末の休暇も、急遽返上しなければならぬような事態になってしまうのだった。

父の、田舎の家で、久々に家族で過ごせると楽しみにしていた娘のマデリンはガッカリ!
妻のイヴリンも同じく! だったが、クリストファー抜きでクルマで向かうのだった。

休日出勤したものの、気力も萎えたクリストファーは、ふらふらと会社近くの公園を訪れる。
大き目なベンチでボーっとしていると、居るはずのないプーが身近にいて驚きの再会となる!?

通ってきたはずの木の洞が閉じてしまい!?
森の仲間たちのもとに戻れなくなってしまったプーを、送って行ってやらねばならず・・・
一緒に汽車に乗り “100エーカーの森” へと向かったクリストファー・ロビンとプーだったが・・・

さて・・・?
 
一人一人のキャラクターが立っている? というのか ^q^
マンガチックな?顔をしている “森の仲間たち” の個性が生かされていて、とても楽しめました。
森の中で、クリストファーが子ども返り?する場面は何とも素晴らしく♪ 涙腺も緩むというものでしたっw

終盤には、ロンドンの街中で繰り広げられる不思議なドタバタ?も結構迫力ありましたし・・・!?
子どもならずとも?ワクワクした気分で楽しめる作品となっておりましたね♪ 流石ディズニー♪

ユアン・マクレガー(クリストファー・ロビン)
ヘイリー・アトウェル(イヴリン・ロビン)
ブロンテ・カーマイケル(マデリン・ロビン)
マーク・ゲイティス(ジャイルズ・ウィンズロウ)
プー
ティガー
ピグレット
イーヨー
カンガ
ラビット
オウル

監督 マーク・フォースター

nice!(25)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

nice! 25

コメント 2

チャー

もうスタート遅れですか?!吹き替えは大切ですよね でも ノスタルジックな感じが良さそうですね 観たい映画でした(^^)v
by チャー (2018-10-01 17:30) 

Labyrinth

チャー さん (^_^)ノ
字幕版はレイトショーなら観られるようなのですが、お出かけする気力がぁ~ orz
プーさんは今まで “リアルぬいぐるみ” としか思っていなかったのですけれど ^^;
これを見てから、ちょっと見方が変わった気がします!? w
人間臭さを感じるというか・・・?^q^ クマなのに!?
by Labyrinth (2018-10-01 23:40) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。