So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ヴェノム(VENOM) 2018 [あ行の映画]

ヴェノム.jpg トム・ハーディ & ミシェル・ウィリアムズ♪

最も残虐な悪(ダークヒーロー)が誕生する。

地球外生命体に寄生された男は、その悪に支配される――

--------------------------------------------------------------------------------------------
マーベル・コミックスでスパイダーマンの宿敵として人気を博すヴィラン(悪役)の“ヴェノム”を
主人公に描く痛快アンチ・ヒーロー・アクション。
ひょんなことから凶悪なエイリアン“ヴェノム”に寄生されてしまった男が、その残忍性に振り回されながらも、
次第に複雑な共生関係を築き、人類の危機に立ち向かっていく姿を、
ユーモアを織り交ぜつつ迫力のアクション満載に描き出す。
主演は「マッドマックス 怒りのデス・ロード」「ダンケルク」のトム・ハーディ、
共演にミシェル・ウィリアムズ、リズ・アーメッド。
監督は「ゾンビランド」「L.A. ギャング ストーリー」のルーベン・フライシャー。 (allcinema より)
--------------------------------------------------------------------------------------------
ヴェノムのフォルムから予想されるオドロオドロしさ?はあまり感じなかった!?
という不思議現象? (笑) 
まったくお初の(そうかな?(汗))私でしたが、何故かそれ程気になりませんでしたね~(笑)
まぁ、そうは言っても、やはり気色悪い面構えではあるので、ナンなのですが・・・ w

宿主となったトム・ハーディのお人柄故か?(微笑)
ともかく、ライト感覚とでも言うのでしょうか? 
何とっ ユーモアすら感じさせる展開となりまして!?
仕舞いには、この不気味なクリーチャーに親近感を抱いてしまうような為体!?(笑)

ストーリーに無理がなく?流れるような展開の中に、グイグイ引き込まれて・・・! 
“迫力のアクション”  とりわけ、カーチェイス?のシーンは圧巻と思いましたね。

(ラストまでご覧ください と注意書きが出ますが、本当にラストまで観ないとダメダメヨ~ (^_-)-☆)

冒頭は、宇宙・・・
帰還するロケット?宇宙船?が大気圏突入の許可を得て、いざ!
というときに内部にアクシデントがっ!?( ̄ο ̄;

断末魔の声と共に連絡が途絶え・・・
やがて、マレーシアのある場所に散乱する破片の調査風景となる。

持ち帰ってきたサンプル?のうち、回収できた “あるもの” を“ライフ財団” の本部へ移送することに。
その道すがら、突如として車内に異変がっ (~_~;

・・・正義感溢れる敏腕記者エディ・ブロック(トム・ハーディ)は、
人体実験で死者を出しているらしき? “ライフ財団”  の噂の真相を暴こうとしていた。

彼は美しき恋人アン・ウェイング(ミシェル・ウィリアムズ)と甘い生活を共有中だったが、
彼女は、偶然にも?財団の顧問弁護士だった・・・。

深夜、彼女のPC にメールの着信があるのを認めたエディは、抑えきれず!? それを見てしまう!

こうして確信を得た!? 彼の “やり過ぎの取材” は破滅の元となり!
エディは仕事もなく落ちぶれ、アン自身も解雇されたことで彼のもとを去ってしまった。

そんなある日、
例の取材中に居合わせた “ライフ財団” の女性科学者が、エディに接触してくる!?
彼女は自分のやっていることに疑問を持ち、エディに協力を申し出るのだった。

さて・・・?

<シンビオート>と呼ばれる地球外生命体
これがエディに寄生して “ヴェノム” と自ら名乗る ・・・というのがふるっていますがっ(笑)
ともかく、“合体”  してからの “彼ら” に目が釘付けでした!

もちろん、それ以前に
実験の失敗やら、“個体差” 的な謎の部分?やらのダークな要素はふんだんに出てくるのですが
やはり、“相性” というのでしょうか?w  “縁(えにし)” とでも言ったら良いのか?w 
そんな “バディ” の趣が露出するとは思いもよりませんでしたが (汗)
トム・ハーディが、そのあたりを実に自然にやってしまうので?受け入れざるを得ませんでしたっ(笑)

ま、見どころは沢山ありますが、私的にはそんなのがお気に入りとなっておりまする。(´-`).。oO

恋人役のミシェル・ウィリアムズは、最初から魅力全開でのご登場でとても楽しめましたが
エディに愛想尽かしをして、次には医師の恋人を! と変わり身の早さを見せていました。(汗)

余談?
先を見越して大きなビジョンを描く!? “ライフ財団” のトップ カールトン・ドレイク(リズ・アーメッド)
見た目も若くてカッコイイのですが、狂気染みたものがあまり感じられなくて?ちょいと弱いかな? と。
演ずるリズ・アーメッド自身、特徴的なお顔のわりには、印象に残らない・・・ と申しましょうか?(汗)
ちょっと調べましたら有名なご出演作4~5本拝見済みなのに、彼のことは覚えていませんでした~ orz

以前から感じていた?
キモ過ぎて観ちゃいられないのでは? なんてことは杞憂に終わりました。(笑)
“アントマン” と並ぶくらいの楽しさだったかも~♪ (ホントか?w)

トム・ハーディ(エディ・ブロック) 敏腕ジャーナリスト
ミシェル・ウィリアムズ(アン・ウェイング) 弁護士
リズ・アーメッド(カールトン・ドレイク) “ライフ財団” 代表
スコット・ヘイズ
リード・スコット

監督 ルーベン・フライシャー

nice!(35)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 35

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。