So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

教誨師(きょうかいし) 2018 [か行の映画]

きょうかいし.jpg 大杉漣さんを偲び・・・。

死刑囚6人との対話が始まる。

上映時間 114分

--------------------------------------------------------------------------------------------
2018年2月に急逝した名優・大杉漣が自ら初プロデュースも務めて主演したヒューマン・ドラマ。
受刑者を教えさとす宗教者“教誨師”という存在にスポットを当て、教誨師を務める牧師を主人公に、
彼と6人の死刑囚との対話を通して、様々な反応を見せる死刑囚それぞれの心のありようと、
主人公自身の葛藤を静かに見つめていく。
6人の死刑囚役には光石研、烏丸せつこ、古舘寛治、玉置玲央、五頭岳夫、小川登。
死刑に立ち会う刑務官を描いた大杉漣出演作「休暇」の脚本を手掛けた佐向大が監督・脚本を務める。
                                                                           (allcinema より)
--------------------------------------------------------------------------------------------
予告編は面白そう・・・ (不謹慎か?(汗))
と思いつつも、やはりどうしても重そうだし? 等々
色々な杞憂の上での鑑賞でしたが、予想外の展開も有りで・・・!?
彼を偲ぶというか、心に留めておくためにも観られて良かった! としみじみ思えた作品でした。

大杉漣さんのご出演作は膨大な数でまさに驚きなのですがっ
重宝がられる なんて言うとナンですけれども  f^_^;
名バイプレイヤーと言われた所以かな?と思ったり・・・?(微笑)

しかしスタートは “エロティック映画” だったのですね。(高橋伴明監督作品)
意外!? ( ̄ο ̄;

私めは邦画もTVドラマもあまり見ない方なので、印象的な作品は?と訊かれても?(・_・?) ハテ?
“ごちバトル” のレギュラーという印象しかないかな・・・ なんて失礼なことを言ってしまうま。 (汗)

余談と冗談が過ぎましたっ 申し訳ないです! <(_ _)>

ところでっ
教誨師 というのも初耳(文字も初見)でしたが、予告編でおおよその見当はつきました。
はたして、あれ以上のものが出てくるのか? (汗)

(始まって早々に寝息が聞こえてきたりして!? (爆) そんな静かなシーンの連続でしたね。(汗))

・・・興味深いことも!
死刑囚というのは刑務所にいるわけではなく、最初から拘置所の独房に入れられている と。
(知らなかったのは私だけ? (-_-;)

半年前に着任したばかりの教誨師、佐伯保(大杉漣)はプロテスタントの牧師。
月に2回拘置所を訪れて、希望した死刑囚6人との面接に臨む。

悔い改めることの手助けに聖書を持ち出したいところを
死刑囚たちは、ウマイ聞き役が来た とばかりに手前勝手な持論を展開し出したりする者も・・・!?

佐伯はどんなケースにも真摯な態度を崩さず、辛抱強く聞き役に徹する。

そして、ある時、ふとしたことから彼自身の身の上話を話すことになるのだが・・・。

さて・・・?

ともかく、キャスティングが絶妙な感じでしたね。
6パターンの人物を、それらしき人が演ずるので、妙にリアル。

予告編でも印象深い(映画初出演の)玉置玲央あたりがサラっていくのかな? と思いきや
予想外に? 烏丸せつこが大健闘!(予告編ではお名前が出るまで気づきませんでしたが?(爆))

美容師という、関西の饒舌おばちゃんを貫録の演技で魅せてくれました。

そして、やはり眼目は・・・
教誨師としての苦悩や逡巡 はたまた葛藤!?
自らの過去の出来事に改めて向き合う佐伯の “畏れ” みたいなものを醸し出したりもする!?
大杉漣のさりげなくも巧みな演技の、枯れた味わいではないでしょうか? 

内容的には、個々の事件を深く掘り下げるわけではなく、むしろ曖昧にしてありまして?
罪を犯した人物の為人に重きを置く感じでした・・・?
私的には、死刑囚よりも佐伯の過去の出来事に衝撃を受けてしまったような次第です。(汗)

あれから時間が経過しましたので、驚きや寂しさは薄れましたが?
突然過ぎたなぁ という残念な気持ちは強くなったように思います。

大杉漣(佐伯保) 教誨師
玉置玲央(高宮真司) 17人もの大量殺人を犯した青年
烏丸せつこ(野口今日子) 罪の意識がない?関西出身の中年女性
五頭岳夫(進藤正一) 老齢で文盲のホームレス男性
小川登(小川一) 家族思いの気弱な男性
古舘寛治(鈴木貴裕) だんまりを決め込む謎の多い中年男性
光石研(吉田睦夫) “気のよいヤクザの組長” (official website より)

監督・脚本 佐向大

nice!(29)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

nice! 29

コメント 2

ピストン

こんにちは。
大杉漣さんの映画。気になります。
これは観てみたいです(*'▽')
by ピストン (2018-12-02 01:49) 

Labyrinth

ピストン さん (^_^)ノ
大杉漣さんの強い思い入れが感じられる作品、皆さんに観て頂きたいと思います。
温厚な感じの大杉さん・・・という印象で終わって良かったです。(;^_^A
by Labyrinth (2018-12-03 00:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。