So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ワンダー 君は太陽(WONDER) 2017 [わ行の映画]

WONDER.jpg  レンタル鑑賞にしといてヨカッタ~ぁ(汗)

10歳で初めて
学校へ行ったその日から、
僕のワンダーな旅が始まった。

--------------------------------------------------------------------------------------------
R・J・パラシオの全米ベストセラー『ワンダー』を
「ルーム」のジェイコブ・トレンブレイ主演で映画化した感動ドラマ。
顔に障害のある男の子が、10歳で初めて学校に通い、イジメや偏見にさらされながらも、
家族の深い愛情と勇気に支えられて、少しずつ困難を乗り越えクラスメイトと友情を築いていく姿を描く。
共演にジュリア・ロバーツ、オーウェン・ウィルソン。
監督は「ウォールフラワー」のスティーヴン・チョボスキー。       (allcinema より)
--------------------------------------------------------------------------------------------
評判の良さよりも、“泣ける~” というのが引っかかり、劇場鑑賞を止めておいた作品・・・。(爆)

止めて正解!(笑)
ハンカチでなく、ティッシュ! しかもBOXが必要! (ウ^_^ソ)

冒頭、母(ジュリア・ロバーツ(イザベル))の出産シーンで・・・
取り上げた新米医師の表情から “コトの重大さ” が見て取れた!?
皆の不安げな表情・・・。

そこから、手術を受ける事27回!? (¬、¬;
オギー(ジェイコブ・トレンブレイ(オーガスト))は、顔に手術痕は(あまり)目立たないものの・・・
やはり・・・。

周囲の心無い “視線” を避けるため、お気に入りのヘルメットを着用し!
心はいつも憧れの宇宙飛行士の気分・・・!?
“つらい時には楽しい空想を” との母の助言を活かし、見事な想像力を発揮するオギー♪

就学せず、お家で母親のイザベルの指導の下、様々なことを学んできた。
しかし、母としては学校も大事! との考えも・・・。

そこでイザベルは、オギーが10歳の時に学校へ通うよう提案するのだが
心優しい父(オーウェン・ウィルソン(ネート))は心配で、大反対するも、オギーは行く気を見せ・・・!?
中等部5年生の新学期から学校に通うことに・・・。

さて・・・?

スティーヴン・チョボスキーという監督さんは脚本も手がけられていますが
以前の「RENT/レント(2005)」も「美女と野獣 (2017)」も心にグッとくるものがあり、好みでした。

また、
ご自身原作の 「ウォールフラワー (2012)」は、脚本、監督も務められて・・・
とてもユニークと言うか、不思議な内容で? 私などの手に余るような作品と記憶しておりまするが。(汗)

そんな監督さんが、このような気持ちの良い “泣かせる” 映画を作ってしまうとはっ (;^_^A

ともかく、編集の良さ? 巧みな構成に、してやられましたね。(汗)
登場人物一人一人 あたたかい視線を注がれて・・・ わるものナシ みたいな?(微笑)
なんだろ? 心地よさが最高♪ って感じでしょうか? f^_^;

主人公のオギー役のジェイコブ・トレンブレイ君をはじめとして・・・
同級生役の子たちも皆可愛く、自然な演技で、とても和みました♪
(“イジメや偏見” のシーンももちろんありますけれども・・・(汗))

そして、
オギーの姉ヴィア役のイザベラ・ヴィドヴィッチも、お初ながら心惹かれる演技でしたね。
両親に向ける彼女なりの心の叫びも、遠慮がち・・・ みたいな?シャイな女の子を好演♪

そして同じく、
私めお初の女優さん ヴィアの友だちミランダ役のダニエル・ローズ・ラッセルに俄然注目です!
理由は・・・ いわずもがな。(笑)
まずは「誘拐の掟(2014)」をレンタルしてみようかな と思っています~ (´-`).。oO 楽しみ♪

ま、何はともあれ、彼を見守り続ける両親の愛情の深さが嫌味なく?伝わり・・・
“お涙頂戴” 的な映画と一線を画す、すこぶる素敵な佳品と思いました。

チャプター(参考までに)
1.僕はオギー・プルマン
2.学校案内
3.宇宙の旅を
4.ヴィア
5.うちへおいでよ
6.失われた友
7.心の結びつき
8.ミランダ
9.クリスマス
10.熱演
11.間違った教育?
12.仲間との思い出
13.修了式
14.エンドクレジット

ジェイコブ・トレンブレイ(オギー・プルマン) 
オーウェン・ウィルソン(ネート) 父
ジュリア・ロバーツ(イザベル) 母
マンディ・パティンキン(トゥシュマン先生)
ダヴィード・ディグス(ブラウン先生)
イザベラ・ヴィドヴィッチ(ヴィア) オギーの姉
ダニエル・ローズ・ラッセル(ミランダ) ヴィアの親友!?
ナジ・ジーター(ジャスティン) ヴィアのボーイフレンド
ノア・ジュープ(ジャック・ウィル) “貧乏” な?家庭の子だが “奨学金” で・・・という  オギー初の友だち
ミリー・デイヴィス(サマー) オギーに偏見なく接する黒人少女
ブライス・ガイザー(ジュリアン) “お金持ち” の子で、わがままなリーダー格の少年
エル・マッキノン(シャーロット) 子どもなりに “仕事” をしている?自己中ぎみな?白人少女

原作  R・J・パラシオ  『ワンダー』(ほるぷ出版刊)

脚本 スティーヴ・コンラッド 
    ジャック・ソーン

監督・脚本 スティーヴン・チョボスキー

nice!(31)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 31

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。