So-net無料ブログ作成

ファースト・マン(FIRST MAN) 2019 [は行の映画]

FIRST MAN.jpg 月の砂漠~♪  f^_^;


月への不可能な
旅路を体験せよ。

上映時間 141分
ジャンル ドラマ/伝記

--------------------------------------------------------------------------------------------
「ラ・ラ・ランド」のデイミアン・チャゼル監督&ライアン・ゴズリングのコンビが、
人類で初めて月に降り立った宇宙飛行士ニール・アームストロングの半生を映画化した伝記ドラマ。
人類初の有人月面着陸という壮大なミッションに立ち向かった男たちの過酷な道のりと、
歴史的偉業を成し遂げたアームストロング船長の知られざる素顔を、
圧倒的臨場感の映像とともに描き出す。
共演はクレア・フォイ、ジェイソン・クラーク、カイル・チャンドラー。(allcinema より)
--------------------------------------------------------------------------------------------
う~むむむ
これは、長尺ですし、いかんせん内容がなぁ (^_^; と思いつつもっ
それでも評判の良さに心動かされて!? ギリギリで見て参りましたっ
行って良かったです~♪ それはラストの “字幕翻訳 松浦美奈” でダメ押し♪ (^_-)-☆
(2~3月に鑑賞した映画はまだありますので、4月中にUP出来ればっ と思っていますが(汗))

お月さま大好きな私めは、毎日どの辺に何時頃見えるのか?を始終気にしているのですが w
満月の時は嬉しいし、新月もまた良し♪
細い月は殊に綺麗と思うので、日々楽しみがあります。(微笑)

・・・そんな “月” を踏み付けた男が居た!?(爆)

う~ん あれから50年も経っていることに、改めて驚愕!なのですが~
光と影 砂地の感じ等々
モノクロームの映像はまるで映画のワンシーンのように記憶の底に…!?

・・・ピョンピョン跳ねて楽しそう♪
てな お気楽な印象は、こちらの勝手な受け取り方ですけれど…  f^_^;
その “偉業” に至るまでの事は、“通り一遍” というか?
むしろ、ほとんど知らないに等しい感じだったような気が致します?

本作は、まさにドキュメンタリータッチで、その裏側に起こった真実?を映し出します。
危険 とか 過酷 とか? 壮絶? 悲惨?
ありきたりの言葉しか出てこないのが何とも歯痒いのですがっ(汗)
ともかく、淡々と事は運び・・・
関係者や家族たちの緊張感や、やるせなさ 等々がひしひしと伝わって参りました。

ニール・アームストロングは、2012年8月25日に亡くなったそうですけれども
2000年頃、彼の伝記の執筆を決意した原作者が、本人に連絡を取った際・・・
やはり思うところがおありなのか? なかなか話が進まなかったようです!? 

“彼はコックピットで瞬時に決断を下せる宇宙飛行士だが、私生活においては非常に慎重… ”
という原作者のハンセン氏のインタビューが official website に載っていました。
こんなところも、“知られざる素顔” たる所以なのかも? (^_^;

また、
近しい人たちと過ごす時には “楽しい人” でも、対外的には “近寄りがたい人”
という定説? があったようなのですが!?  
そんな “二面性” も興味深いところですね。

ライアン・ゴズリングが、その辺りをさりげなく演じてしまうものですから!?
あまり意識せずに観てしまったように思いますけれど・・・!? (汗)

まあ、思慮深い人 というのか?ポーカーフェイス的というのか?
いつも冷静沈着? Cool な人・・・ と、お見受けした次第です。(^_^;

1961年
空軍でテストパイロットという過酷な業務に携わるニール・アームストロング
家庭に戻れば、妻ジャネットと息子と幼い娘が居る普通の夫であり父親だった。

しかし、娘のカレンは重病で、わずか2歳にして亡くなってしまう。
・・・ニールは “カレン” と刻まれたブレスレット?をそっと外す。

悲しみに沈む一家だったが、ニールは心を保つためか?仕事に没頭し始める!?
NASAの「ジェミニ計画」の宇宙飛行士に応募し、みごと合格!
一家はヒューストンへ!

有人宇宙センター近くの住宅では、飛行士仲間とも家族ぐるみの付き合いとなるのだが
そこでは、新たな命も授かることに・・・。

さて・・・?

紆余曲折を経まして・・・(むむ 常套手段 ( ´艸`))


第一歩を標した後は、何ともさりげなく地上の人となっていて、少々拍子抜け!?(笑)

安全のため? しばらくは隔離されて!? 家族(妻)ともガラス越しの面会となる・・・
明るい空間でただ見つめ合うだけ・・・ (やがてお互いの手が、す~っと… (微笑))
そんなラストも、あっさりとしていて、好感が持てました。

ライアン・ゴズリング(ニール・アームストロング)
クレア・フォイ(ジャネット・アームストロング)
ジェイソン・クラーク(エド・ホワイト)
カイル・チャンドラー(ディーク・ストレイン)
コリー・ストール(バズ・オルドリン)
クリストファー・アボット(デイヴ・スコット)
キアラン・ハインズ(ボブ・ギルルース)
パトリック・フュジット(エリオット・シー)
ルーカス・ハース(マイク・コリンズ)

原作 ジェイムズ・R・ハンセン 『ファーストマン』

監督 デイミアン・チャゼル

nice!(32)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 32

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。