So-net無料ブログ作成

ふたりの女王 メアリーとエリザベス(MARY QUEEN OF SCOTS) 2018 [は行の映画]

ふたりの女王 メアリーとエリザベス.jpg 主役はシアーシャのメアリー?  f^_^;

女王は私ひとりだけ

--------------------------------------------------------------------------------------------
16世紀の英国を舞台に、従姉妹でありながらそれぞれスコットランドとイングランドの女王として
対峙していくメアリー・スチュアートとエリザベスI世の数奇な運命を
「レディ・バード」のシアーシャ・ローナンと
「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーの主演で映画化した歴史ドラマ。
共演はジャック・ロウデン、ジョー・アルウィン、デヴィッド・テナント、ガイ・ピアース。
監督は英国演劇界を代表する女性演出家の一人で
本作が長編映画監督デビューとなるジョーシー・ルーク。     (allcinema より)
--------------------------------------------------------------------------------------------
これまで色々な角度から描かれた映画の中で学んできた(ハズの?)私めですが  f^_^;
この二人の関係性は、わかっているようでいて、あまりピンとこなかったり…!? (汗)

・・・という頼りない自分に、本作はガッチリと楔を打ち込んでくれたように思います。

“父方にイングランド王、母方にフランスの有力貴族の血筋を持ち、
イングランド王位継承権第一位の人物でもあるメアリー”

“エリザベス Ⅰ 世は庶子であり、母方の血筋をたどると農家出身という…”
                     (どちらも official website より)

基本的な認識が、いまいちあやふやだったのかも?  f^_^; (要は無知ですかね?w)

冒頭は、メアリー(シアーシャ・ローナン)の斬首のシーンから! (爆)
(何故長きにわたって幽閉され、その挙句斬首刑? との疑問に本作は見事に答えをっ)

この場面はラストにもう一度。
(場所的にもシチュエーション的にも色彩的にも?私めには久々に衝撃のシーンでした。)

メアリー・スチュアートは、危険を避けるべく?幼くして母方の故郷フランスへと渡る。
やがて16歳で王妃となるも、18歳で未亡人となり、スコットランドへ向け帰国の途に就く。
途中、海は荒れたが、どうにか異母兄マリ伯の居城?に辿り着き、無事王位に戻るのだった。

しかしスコットランドではプロテスタントが勢力を拡大させており!?
マリ伯をはじめ、メイトランド国務大臣、長老派教会の指導者ジョン・ノックス等々
カトリックの女王を快く思わぬ輩は、メアリーの失墜を狙い策をめぐらす!?

そんな中、若くも気丈なメアリーは、フランスから付き従ってきた侍女や取り巻きたちと
これまで通りの暮らしぶりで、威厳を保っていたのだが・・・。

その頃、イングランドでは・・・
エリザベス Ⅰ 世(マーゴット・ロビー)が25歳で即位したものの未だ王位継承者が居ない状態。
彼女は優男のレスター伯に心を惹かれはするが、すべては許さず!?
宰相ウィリアム・セシルをはじめ側近たちは “お世継ぎ” の件でプレッシャーを掛けていた!?

・・・“メアリー帰国” の報は、イングランドの枢密院内に俄かに緊迫感をもたらす!?

さて・・・?

今更ながら ですが・・・ 
“女” という性の重さ?を改めて突き付けられた感じでしょうか?
女性監督さんならではの?ディテールに拘った演出というのかな?
ともかく、さりげなくも繊細な描写に、心底 魅了されてしまいました♪
(しかも全体的には、スピード感、重厚感、厳しさ等々、“男前” な監督さんと見た!(ニヤリ))

脇を固める男優陣も、曰くありげな面構え!? ( ´艸`)
様々なタイプの競演で、楽しませてくれましたがっ

やはり、要は “ふたりの女王”

才色兼備でしかも気丈で柔軟?  f^_^;
とても魅力的なメアリー女王を体現していたシアーシャ・ローナンの底力を見た思いです。

また、
これまで、威厳に満ちた!? と勝手に思い込んでいた?エリザベス Ⅰ 世でしたが  f^_^;
微妙なお年頃の女王を、気位は損なわず! そこはかとない哀愁をも感じさせて演じた!
(半分汚れ役のような?(汗)) マーゴット・ロビーも見事に美しいと思いました。

後継ぎを産まないことを選択した?女王も潔いと思いますし
後の世まで “血” を繋いだ女王も貴い… と、しみじみ感じさせられた本作でしたね。

新解釈!?
なのかもしれませぬが、心にグっときたのは間違いございません!(´-`).。oO

シアーシャ・ローナン(メアリー・スチュアート(スコットランド女王))
マーゴット・ロビー(エリザベスI世(イングランド女王))
ジャック・ロウデン(ヘンリー・スチュアート(ダーンリー卿))  メアリー2番目の夫
ジョー・アルウィン(ロバート・ダドリー(レスター伯)) エリザベス1世の寵臣
ジェンマ・チャン(ベス・オブ・ハードウィック) エリザベス1世の侍女
マーティン・コムストン(ジェームズ・ヘップバーン(ボスウェル伯)) メアリー3番目の夫
イスマエル・クルス・コルドバ(デビッド・リッチオ) メアリーの臣下 男色の音楽家
ブレンダン・コイル(マチュー・スチュアート) ダーンリー卿の父
イアン・ハート(メイトランド卿) スコットランドの国務大臣
エイドリアン・レスター(ランドルフ卿) スコットランド駐在イングランド大使
ジェームズ・マッカードル(ジェームズ/スチュアート(マリ伯)) メアリーの異母兄
デヴィッド・テナント(ジョン・ノックス) スコットランドの牧師 長老派教会創始者
ガイ・ピアース(ウィリアム・セシル(バーリー男爵)) エリザベス1世の重臣

監督 ジョーシー・ルーク

nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 30

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。