So-net無料ブログ作成

メアリーの総て(MARY SHELLEY) 2017 [ま行の映画]

MARY SHELLEY.jpg エル・ファニング♪ 絶好調~ ( ´艸`)

「フランケンシュタイン」の著者。メアリー・シェリー、18歳。

「不幸」に抱かれ、
「死」に口づけられ、
世紀の傑作を産んだ。


製作国  イギリス/ルクセンブルク/アメリカ

--------------------------------------------------------------------------------------------
「マレフィセント」「ネオン・デーモン」のエル・ファニングがわずか18歳で
フランケンシュタイン』を書き上げた女流作家メアリー・シェリーを演じる伝記映画。
19世紀のイギリスで、なぜ若い女性が恐ろしい“怪物”の物語を書くことが出来たのか、
その傑作誕生に秘められた彼女の波乱の人生を、
差別や偏見に立ち向かった一人の女性の物語として描き出す。
共演はダグラス・ブース、ベル・パウリー、トム・スターリッジ。
監督は「少女は自転車にのって」の女性監督ハイファ・アル=マンスール。

19世紀、イギリス。
高名な思想家で小説家のウィリアム・ゴドウィンを父に持ち、自身も小説家を夢見るメアリー。
父の再婚相手の連れ子クレアとは本当の姉妹のように仲良かったが、継母とは折り合いが悪く、
見かねた父によって友人の家へと預けられる。
メアリーはそこで、異端の天才詩人と噂されるパーシー・シェリーと出会う。
互いの才能に強く惹かれ合った2人は、たちまち激しい恋に落ちるのだったが…。
                            (allcinema より)
--------------------------------------------------------------------------------------------
“文学史に残る伝説の一夜「ディオダティ荘の怪奇談義」も描かれる。” (official website より)

全くの無知状態でしたので、登場人物たちの顔ぶれに驚いたのですけれども…。 (汗)

まずは、何も知らずに鑑賞して良かったな と思いました。(汗)
おかげで、メアリーの心情がストレートに伝わり!?  感慨も一入!?  f^_^;
それは、女性監督さんの “心意気” だったかもしれませぬ。(意味深)

人気のない墓地で、怪奇小説?の一節を模索する文学少女メアリー(エル・ファニング)
彼女を出産したことで命を落とした母・・・その墓石が今は心の拠りどころとなっていた!?

不意の雨に、慌てて家に戻ると、義妹のクレアがいつも通り?気を利かせて、庇ってくれる!?
家業は本屋だが、家計は苦しい…!?

父ウィリアム・ゴドウィンの著書「政治的正義」は教科書的に?
母メアリー・ウルストンクラフトの著書「女性の権利の擁護」は母を偲ぶよすがとして読んだ?

しかし、皮肉屋?の継母との折り合いが悪過ぎて!?
父の計らいで、メアリーは一人、スコットランドのバクスター家に預けられることに…。
父は「人の物まねではなく、自分の “声” を探せ」と言葉を掛ける。

バクスター家の令嬢イザベルも母を亡くしており、直ぐにメアリーと打ち解けた。

夜ともなるとお屋敷に著名人が集まり、詩の朗読会等が行われるのだが
その中に新鋭の詩人パーシー・シェリーも居た。
イザベルは「社会の変革を訴える過激な詩人よ」とこっそり耳打ちする。

・・・彼もメアリーも、初対面の時から強く惹かれ合った!?
「僕は君の両親の信奉者だ」と言う彼に、メアリーは悪い気はしなかった!?

その後、メアリーの後を追い、ロンドンのゴドウィン家を訪れたシェリーは、
メアリーの父、ウィリアム・ゴドウィンに教えを乞うために来た と言うのだった。
彼の払う “授業料” はゴドウィン家の家計の助けになったのだが・・・
ある日メアリーの前に、別居中というシェリーの妻が子連れで現れる!?

妻帯者ということがバレて、シェリーは言い訳をするのだが・・・
“愛が冷めても一緒にいるのは理不尽だ! 別居はしても養育費は払っている” と言う。

裏切られた思いのメアリーは最初は彼を拒絶していたが…
継母の心無い言葉に逆に火を付けられ!?
結果、パーシー・シェリーと駆け落ちするしかない と腹を括るのだった。

しかし、父は “シェリーの許へ行くことは父の愛を失うことだと思え” と苦言を呈した。

夜逃げの際、義妹のクレア(ベル・パウリー)も一緒に付いてくることにっ!?
「この家の空気はよどんでいる… 息苦しい…」

シェリーは、クレアの存在も受け入れ、三人でセント・パンクラスの安アパートへと向かう。

“自由主義者” との生活は、刺激的で? 楽しくて? 何より “解放感” を得られたのだがっ
シェリーの出版の話も進まず、そのうちにシェリー家からの資金援助も打ち切られ・・・

さて・・・?

少ししか出番のないシェリーの妻の言葉すら、ストンと腑に落ちる感じの “台詞”なのでした。
事程左様に、多彩な登場人物たちの “手前勝手な言い分” がいちいちリアルで面白く・・・♪

そして見えてくるのは、抑圧され、軽んじられた?者たちの “憤懣やるかたない” 心持…!?

しかし、物語はあくまでもメアリーの日常に焦点を当てて、十代の少女の “成長” を描きます。
ん? メアリーに限らず、クレアもかな?(^_^;

ともかく、
エル・ファニングの気迫のこもった演技に魅了されてしまったのですけれどもっ
ベル・パウリーのキャスティングも功を奏したのでは!? と思いましたね♪
これで気になる女優さんリスト入りしちゃったので ( ´艸`) 攻めてみようかと思いまする。w

う~ん (^_^; 実在の人物たちが織り成す物語は奥が深くて!? 見ごたえありますね~♪

おっと!
監督さんのデビュー作、見逃してしまった「少女は自転車にのって(2012)」も観たいです。

capture(参考までに)
1.作家の娘
2.パーシー・シェリーとの出会い
3.情熱的な恋
4.シェリー夫人
5.駆け落ち
6.偽善者
7.絶望
8.バイロン卿の屋敷
9.捨てられたクレア
10.「フランケンシュタイン」の誕生
11.メアリー・シェリー著
12.エンド・クレジット

エル・ファニング(メアリー・シェリー) 小説家
ダグラス・ブース(パーシー・シェリー) 詩人 メアリーの夫
スティーヴン・ディレイン(ウィリアム・ゴドウィン) メアリーの父 小説家
ジョアンヌ・フロガット(メアリー・ジェイン・クレアモント) Mrs.ゴドウィン 継母
ベン・ハーディ(ジョン・ポリドリ) バイロン卿の友人 医師
メイジー・ウィリアムズ(イザベル・バクスター) 父の友人であるバクスター氏の令嬢
ベル・パウリー(クレア・クレアモント) 義妹 バイロン卿の愛人!?
トム・スターリッジ(バイロン卿)

製作総指揮・脚本 エマ・ジェンセン

監督・追加脚本 ハイファ・アル=マンスール

nice!(31)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

nice! 31

コメント 4

middrinn

ケン・ラッセル監督「ゴシック」と比べると正統派な感じで観てみたいです(^^)
by middrinn (2019-06-28 08:27) 

旅爺さん

「不幸」に抱かれ「死」に口づけられて世紀の傑作を産んだ!”。
いろんな経験すると傑作を生むこともあるんですね。
by 旅爺さん (2019-06-28 11:00) 

Labyrinth

middrinn さん (^_^)ノ
ホラー映画なのですね!? そそられますが、まじで怖そうです~(汗)
本作は middrinn さんにどう映るでしょう!? 楽しまれてください♪
by Labyrinth (2019-06-28 22:32) 

Labyrinth

旅爺さん さん (^_^)ノ
女性特有の苦しみや悲しみも、才能の前には “肥やし” にもなるのですね!?
その辺り、嫌味なく描かれているのが素敵でした!
by Labyrinth (2019-06-28 22:40) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。