So-net無料ブログ作成
駄句 夏 ブログトップ
前の10件 | -

あおうめ・あをうめ(青梅) [駄句 夏]

青梅の蔕とる刻を愉しめり       Labyrinth
(あおうめのへたとるときをたのしめり)


副季語に  梅の実  実梅


梅雨の頃、梅の葉が茂ってくると、細かいうぶ毛につつまれた緑色の実を葉の間にのぞかせる。
青梅をもいで梅酒や梅干に漬ける。

nice!(36)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

むぎのあき(麦の秋) [駄句 夏]

麦秋や甘味でしめるツーリング       Labyrinth
(ばくしゅうやかんみでしめるつーりんぐ)


副季語に  麦秋(むぎあき)  麦秋(ばくしう)


麦の熟したこと、またその頃の季節にもいう。
早熟の麦は晩春から黄熟するが、立春後、百二十日前後(五月下旬)が麦刈りの時期とされる。
梅雨期をひかえて、農家の人たちが忙しく働く時である。(合本俳句歳時記 新版 角川書店編)

nice!(37)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

みじかよ(短夜) [駄句 夏]

短夜の米噴く気配浅き夢       Labyrinth
(みじかよのこめふくけはいあさきゆめ)


副季語に  明易し(あけやすし)  明急ぐ  明早し


春分の日から夜は昼より短くなり、夏至にいたって最も短くなる。
俳句では、「短夜」は夏、「夜長」は秋とする。

nice!(32)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あおばじお・あをばじほ(青葉潮) [駄句 夏]

青葉潮漫画の町に友を訪ふ       Labyrinth
(あおばじおまんがのまちにともをとう)


副季語に  青潮


新緑の頃、日本近海に流れ込んでくる黒潮をいう。
プランクトンの繁殖で寒流と暖流の境に縞目が現れ、赤潮になることもある。



nice!(32)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ごがつ・ごぐわつ(五月) [駄句 夏]

厳かに令和始まる五月かな       Labyrinth
(おごそかにれいわはじまるごがつかな)


副季語はナシ


新緑の快い季節。
良く晴れた気持ちのよい日が多い。


因みに本日2019年5月6日(月)は立夏です。  

nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

よるのあき(夜の秋) [駄句 夏]

我知らず眉根寄すくせ夜の秋     Labyrinth
(われしらずまゆねよすくせよるのあき)


副季語はナシ


夏の終わりごろ、夜は涼しさが増し、何となく秋めいた感じがすることを言う。
秋の夜のことではない。


因みに、明日 8月7日(火) は立秋です。

nice!(25)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ゆうやけ・ゆふやけ(夕焼) [駄句 夏]

中天に淡き月影夕焼くる     Labyrinth
(ちゅうてんにあわきつきかげゆうやくる)


副季語に  ゆやけ  夕焼雲


日没の際、西空の地平線に近い部分が燃えるような紅黄色を現すことをいう。
朝焼と同じ現象で、四季ともあるが、夏の壮快さが最高である。

nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

せみ(蝉) [駄句 夏]

流し了へ去ぬミキサー車朝の蝉     Labyrinth
(ながしおえいぬみきさーしゃあさのせみ)


副季語に  にいにい蝉  初蝉  油蝉  みんみん蝉  
      熊蝉  唖蝉  朝蝉  夕蝉  蝉取り


夏盛んに鳴き継ぐ昆虫。
雄は腹部の鼓膜を振動させて鳴く。
雌は鳴かないので唖蝉という。

nice!(27)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ゆうなぎ・ゆふなぎ(夕凪) [駄句 夏]

夕凪に取り込むタオル潮湿り     Labyrinth
(ゆうなぎにとりこむたおるしおじめり)


副季語はナシ


海岸地方で、昼間の海風から夜間の陸風に変わり際に陸地と海上がだいたい等しい気温になって
風がぱったり止み、木の葉も動かずたまらなく息詰まるような暑さになることがある。
これが夕凪で、瀬戸内海地方で特に甚だしい。
  

nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あさぐもり(朝曇) [駄句 夏]

朝ぐもり物干す夫の猫背かな     Labyrinth
(あさぐもりものほすつまのねこぜかな)


副季語はナシ


暑さが特に厳しくなる日の朝、かえってどんよりと曇っていることをいう。

nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 駄句 夏 ブログトップ