So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
駄句 夏 ブログトップ
前の10件 | -

ゆうなぎ・ゆふなぎ(夕凪) [駄句 夏]

夕凪に取り込むタオル潮湿り     Labyrinth
(ゆうなぎにとりこむたおるしおじめり)


副季語はナシ


海岸地方で、昼間の海風から夜間の陸風に変わり際に陸地と海上がだいたい等しい気温になって
風がぱったり止み、木の葉も動かずたまらなく息詰まるような暑さになることがある。
これが夕凪で、瀬戸内海地方で特に甚だしい。
  

nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あさぐもり(朝曇) [駄句 夏]

朝ぐもり物干す夫の猫背かな     Labyrinth
(あさぐもりものほすつまのねこぜかな)


副季語はナシ


暑さが特に厳しくなる日の朝、かえってどんよりと曇っていることをいう。

nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

でみず(出水) [駄句 夏]

一県を覆ふがごとし梅雨出水     Labyrinth
(ひとけんをおおうがごとしつゆでみず)


副季語  梅雨出水(つゆでみず)  夏出水  出水川


梅雨の長雨で河川が増水すること。
時には溢れて田畑や人家に被害を出すこともある。
秋出水と区別する。


被災地の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

nice!(34)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ちのわ(茅の輪) [駄句 夏]

潮風の茅の輪の列に老教師     Labyrinth
(しおかぜのちのわのれつにろうきょうし)


副季語に  菅貫(すがぬき)  菅抜


夏越の祓いの呪法である。
茅(かや)または藁を紙でつかね、輪形を作り、神社の鳥居・拝殿・神橋のはしづめなどに設け、
まず宮司がくぐり、のちに一般参詣者をくぐらせ、災厄をはらう。
京都祇園社の蘇民将来の故事からきた習俗だという。

nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ほととぎす(時鳥) [駄句 夏]

手児奈さまの細き参道ほととぎす     Labyrinth
(てこなさまのほそきさんどうほととぎす)


副季語に  子規(ほととぎす)  杜鵑(ほととぎす)  不如帰(ほととぎす)
      田長鳥(たおさどり)  妹背鳥(いもせどり)


ホトトギス科中一番小型で、夏の初め、南方から渡来する渡り鳥。
背面は暗灰青色で、腹は白地に鷹班の横縞があり、鶯の巣に卵を託す奇習がある。
テッペンカケタカとかトッキョキョカキョクなどと鳴く。
古来、春の花・夏の時鳥・秋の月・冬の雪が日本の四季を代表する詠題として、広く詩歌に詠まれてきた。


手児奈霊神堂(てこなれいじんどう) 
千葉県市川市真間に古くから伝わる “真間の産土(うぶすな)てこな様” を祭る御堂です。

nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

みじかよ(短夜) [駄句 夏]

短夜や長編下巻耽読す     Labyrinth
(みじかよやちょうへんげかんたんどくす)


副季語に  明易し(あけやすし)  明急ぐ  明早し


春分の日から夜は昼より短くなり、夏至に至って最も短くなる。
俳句では「短夜」は夏、「夜長」は秋とする。


因みに、本日 2018年6月21日(木曜日) 夏至でございます。


nice!(32)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

なつりようり・なつれうり(夏料理) [駄句 夏]

久方の雨の邂逅夏料理     Labyrinth
(ひさかたのあめのかいこうなつりょうり)


副季語はナシ


見た目に涼しく、味のさっぱりした夏向き料理のこと。

nice!(32)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

なつてぶくろ(夏手袋) [駄句 夏]

夏手袋してユキヒヨウをスケッチす       Labyrinth
(なつてぶくろしてゆきひょうをすけっちす)


副季語に  網手袋  夏手套


夏季の手袋で、薄地の絹やレースなどの涼しげなものが多い。

nice!(30)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

けじげじ・げぢげぢ(蚰蜒) [駄句 夏]

風呂の灯を点ければ蚰蜒の居竦まる     Labyrinth
(ふろのひをつければげじのいすくまる)


副季語  げじ


体長二、三センチ、百足虫(むかで)に近い節足動物で、一対の長い触角と十五対の細長い脚がある。
人家の床下などに棲み、古来、忌み嫌われる人の代名詞に用いられてきた。



・・・古い家には住みたくないものです~(>_<)

nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

なつのちよう・なつのてふ(梅雨の蝶) [駄句 夏]

むく犬の鼻先掠め梅雨の蝶       Labyrinth
(むくいぬのはなさきかすめつゆのちょう)


副季語に  揚羽蝶(あげはてふ)  紋白蝶(もんしろてふ)  梅雨の蝶(つゆのてふ)


揚羽蝶は、黒地に黄の斑点を持ち大きく美しい。
翅の黒い黒揚羽(烏蝶(からす))もまた、夏に多くみられる。

nice!(31)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 駄句 夏 ブログトップ