So-net無料ブログ作成
駄句 春 ブログトップ
前の10件 | -

しんちや(新茶) [駄句 春]

出雲より届く新茶よ八雲なる       Labyrinth
(いずもよりとどくしんちゃよやくもなる)


副季語に  走り茶


今年初めて摘んで製造した走りの茶をいい、新茶の香りを尊ぶ。

nice!(33)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

うぐひす(鶯) [駄句 春]

初音美し二声三声しての黙       Labyrinth
(はつねいしふたこえみこえしてのもだ)


副季語に  春告しかと鳥(はるつげどり)  匂い鳥  初音(はつね)  
      鶯の谷渡り  鶯笛


春告鳥の名があるように、鶯の声をきけば春の訪れをおもう。
初音といえば鶯の初音のことであるし、「けきょけきょ」と続けて啼くのを
鶯の谷渡りというように声が珍重される。
「ほうほけきょ」と啼くのは雄であるが、その啼声から《経よみ鳥》と呼ばれた。
鶯笛で鶯の声を擬して楽しむのも日本人らしい趣味である。
羽色は暗緑渇色で、いわゆる鶯色とは違う。
初冬から仲春までは平野に棲息し、晩春から晩夏に及ぶ繁殖期には
山麓地から高山地帯にかけ、その潅木林・笹薮などに巣を営む。
時鳥がそのなかに卵を産み鶯に孵えさせることはよく知られている。
冬に啼く鶯を笹啼き、夏の鶯を老鶯という。(合本俳句歳時記 新版 角川書店編)


聴いたのは半月くらい前かも? f^_^; (気が付くの遅すぎ?(爆))
因みに去年は3月の半ば位に聴いていたみたいですw

nice!(33)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ざんせつ(残雪) [駄句 春]

浅間嶺の残雪蒼き驢馬のごと       Labyrinth
(あさまねのざんせつあおきろばのごと)


副季語に  去年の雪(こぞのゆき)  雪残る  残る雪  陰雪(かげゆき)
      種蒔おつこ(たねまきおつこ)  種蒔猿


因みに、ネット検索でお世話になっております「きごさい歳時記」の
“残雪” の 【子季語】には “雪形” もあります。
“雪形” にした方が優しいイメージになるかも!? (微笑)

nice!(28)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

かと(蝌蚪) [駄句 春]

水匂ふ産土神の池蝌蚪生るる       Labyrinth
(みずにおううぶすなのいけかとあるる)


副季語に  おたまじやくし  蛙の子


蛙の子のこと。水温むころ、水田や池などに真黒に群がって泳ぐ。
足が生え、尾が取れてやがて蛙になる。


nice!(30)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

はるのかわ(春の川) [駄句 春]

ふるさとや山裾を縫ひ春の川       Labyrinth
(ふるさとややますそをぬいはるのかわ)


副季語に  春川(はるかわ)  春江(しゆんこう)


雪解の水を加えて豊かに、ゆったり流れる川を言う。
ささやかな流れにも春の趣がある。

nice!(33)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ももちどり(百千鳥) [駄句 春]

百千鳥雨後の砂場の波模様       Labyrinth
(ももちどりうごのすなばのなみもよう)


副季語はナシ


いろいろの春の小鳥が、群がり囀ることをいう。

nice!(32)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ひなが(日永) [駄句 春]

読み返す太宰治や日の永き       Labyrinth
(よみかえすだざいおさむやひのながき)


副季語に  永日(えいじつ)  永き日  日永し


春になると、日の長くなったことを感ずる。

nice!(34)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

はな(花) [駄句 春]

指物師木端を掃き寄す花明かり       Labyrinth
(さしものしこばをはきよすはなあかり)


副季語に  花影(はなかげ)  花の雨  花の山  花便り  花明り
      花の雲  花盛り  花埃(はなぼこり)  花の宿  花時


花といえば桜の花を言うが、春の花一般もさす。


nice!(34)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

かすみ(霞) [駄句 春]

生れたての月は鋼に夕霞       Labyrinth
(あれたてのつきははがねにゆうがすみ)


副季語に  春霞  朝霞  夕霞  薄霞  棚霞(たながすみ)  霞む


春は霞、秋は霧といって区別している。
霞はほのかでやさしくたなびき、霧は深くたちこめる。

nice!(35)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

しがつばか・しぐわつばか(四月馬鹿) [駄句 春]

四月馬鹿甘味処に長き列       Labyrinth
(しがつばかあまみどころにながきれつ)


副季語に  エープリル・フール  万愚節(ばんぐせつ)


西洋では、四月一日を万愚節といい、この日に限り、誰でも相手を担いだり、
罪のないいたずらをしたりすることが許される。
担がれる人をエープリル・フール、訳して「四月馬鹿」という。


新元号令和と決まる四月馬鹿     Labyrinth  f^_^;(追加してしまいました)

nice!(38)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 駄句 春 ブログトップ