So-net無料ブログ作成
駄句 秋 ブログトップ
前の10件 | -

みみずなく(蚯蚓鳴く) [駄句 秋]

宵つ張りのトランプゲーム蚯蚓鳴く       Labyrinth
(よいっぱりのとらんぷげーむみみずなく)


副季語はナシ


秋の夜、何の虫ともわからず、土間や道端などで、ジーと鳴いている虫がゐる。
実は螻蛄(けら)の鳴く音だというが、それを蚯蚓が鳴くのだと感じたのは、
たとえ事実でなくても、その方が趣があろうか。(合本俳句歳時記 新版 角川書店編)


因みに、本日13日(金) 仏滅ですが、十五夜ですね。
ついでに、満月は14日(土)です。← 夜に加筆 ( ´艸`)

nice!(27)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

にひやくとをか(二百十日) [駄句 秋]

祝もの遅れて届く厄日かな       Labyrinth
(いわいものおくれてとどくやくびかな)


副季語に  厄日(やくび)  二百二十日(にひやくはつか)


立春から数えて二百十日目。九月一、二日ころ。
二百二十日はそれから十日目。
この頃はとかく暴風雨が襲い、ちょうど稲の開花期なので農家は厄日としている。
古く明暦二年(1655年)の伊勢暦に暦注として載っている。
                    (合本俳句歳時記 新版 角川書店編)

因みに、2019年の二百二十日は、9月11日(水曜日)でございます。

只今、関東地方目掛けて破格の?暴風雨がっ (~_~;
重陽のお節句だと言うのに…。

nice!(27)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

つき(月) [駄句 秋]

憂さ晴れて歩く愉しさ夕月夜       Labyrinth
(うさはれてあるくたのしさゆうづくよ)


副季語に  二日月  三日月  新月  弦月  宵月  夕月  月光  月代
      月白  月の出  月夜  夕月夜(ゆうづくよ)  月明  遅月


月のさやけさ、清さは秋に極まる。いわゆる雪月花の一つで、秋を代表する季語。
単に月と言えば秋の月をさし、花と並んで月・花と称される。
月の満ち欠けは、暦の起源ともなったが、朔(ついたち) (月たち)から三日月を経て
上弦の月となり、満月となり、さらに下弦の月を経て朔となる。
二日月、三日月が新月、上弦は陰暦七、八日ころ、下弦は陰暦二十二、二十三日ごろの月。
ともに弓張月という。
満月から欠けはじめ、陰暦二十日過ぎから有明月となる。
月白は月が出ようとして空が白みわたること、月代も同じ。
夕月夜は夕月のことである。


因みに前日の6日(金)は上弦の月でした。(加筆)

nice!(27)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

あかね(茜草) [駄句 秋]

木漏れ日に古し教会あかねぐさ       Labyrinth
(こもれびにふりしきょうかいあかねぐさ)


副季語    あかねぐさ


山野に生じるあかね科のつる性多年草。
根は黄赤色で、太い髭(ひげ)の形をしている。
茎は角ばった蔓状で長く枝が多い。
さかさに刺(とげ)が生えている。
葉は心臓形あるいは長卵形で、九月末ごろ穂のように黄色の小花を群がり開く。
根は茜染の染料となり、また利尿剤として煎じて服用する。
                   (合本俳句歳時記 新版 角川書店編)

nice!(26)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

はづき(葉月) [駄句 秋]

手鏡に創確かむる葉月かな       Labyrinth
(てかがみにきずたしかむるはづきかな)


副季語に  月見月  草津月(くさつづき)  秋風月  雁来月(かりくづき)


陰暦八月の異称。仲秋である。  

nice!(27)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ふよう(芙蓉) [駄句 秋]

大正の地震の瓦礫や花芙蓉        Labyrinth
(たいしょうのないのがれきやはなふよう)


副季語に  花芙蓉  白芙蓉  紅芙蓉  酔芙蓉(すいふよう)


初秋、白、薄紅、紅の上品な五弁花を次々に大きく開く。
朝開いて一日でしぼむ。
白色が紅変するものを酔芙蓉という。



nice!(27)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

しよしゆう・しよしう(初秋) [駄句 秋]

手土産の老舗の甘味初秋なる       Labyrinth
(てみやげのしにせのかんみしょしゅうなる)


副季語に  初秋(はつあき)  孟秋(もうしゆう)  盆秋
      蘭秋(らんしゆう)  新秋  秋口(あきぐち)


秋のはじめで、八月中・下旬の候。

nice!(28)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

しんりよう・しんりやう(新涼) [駄句 秋]

新涼や雨後の満月みて足りぬ       Labyrinth
(しんりょうやうごのまんげつみてたりぬ)


副季語に  涼新た  秋涼し  秋涼  初涼


新鮮な初秋の涼しさをいう。
秋になってからの涼気である。

nice!(25)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ぼん(盆) [駄句 秋]

魂棚に愛犬のガムそっと添へ      Labyrinth
(たまだなにあいけんのがむそっとそえ)


副季語に  盂蘭盆  盂蘭盆会  盆会  新盆(にいぼん)  魂祭
      魂棚  盆棚  精霊棚  棚経  盆供(ぼんく)


陰暦七月十三日から十五日または十六日までの魂祭である。
日本固有の信仰と仏教行事が習合した祖霊祭の一つで、
家々では座敷や庭先に盆棚を飾り、祖先の霊を迎える。
魂棚の真菰筵に初物の野菜などを供え、位牌を置き、
盆提燈を吊り、僧に読経してもらう。
都会では主に陽暦、地方では陰暦または月遅れの八月十五日に行う。

nice!(26)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

むくげ(木槿) [駄句 秋]

白木槿トンバイ塀に日当たり来        Labyrinth
(しろむくげとんばいべいにひあたりく)


副季語に  花木槿  きはちす  木槿垣


紅紫色の葵(あおい)に似た美しい花を、晩夏から初秋にかけてたくさん開く。
白、底紅などもある。一日でしぼむ。


トンバイ塀 行ったことも見たこともないのに句にしちゃいましたっ  
いつもながら、Hさまに感謝です♪  m(._.)m ありがとうございます。

nice!(31)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 駄句 秋 ブログトップ